武器に生命を与えるスキルを覚えたので、伝説の武器【レジェンドウェポン】を探すため冒険者になる。

突然高校の1年A組が異世界召喚された。
クラスメイトは24人で、男子14人、女子10人というクラスだった。
主人公は虐められており、おままごとが大好き男子と呼ばれていた。

主人公は物に対しての執着がすごく、物と会話したり、
少しだけ頭がおかしいと思われてきた。

しかし異世界召喚すると、主人公の力に【生命付与(武器)】というスキルが一つだけあることに気づいた。主人公は武器にだけ魂を付与することができることが判明する。

同じクラスメイトたちは主人公がクソスキルに目覚めたのだと笑った。
それでも主人公は武器に魂を与え続けることをやめない、
武器は言葉をしゃべる。
それはいろいろな人に聞かせられる。

現実の世界にいたときこの世界のことを覗き見ている自分がいたことを思い出す。
そしてこの世界には初恋の女性のお姫さまがいて、
お姫様と主人公は二人とも初めての対面ではなかった。

それからというもの毎日通うのだが、勇者職業に目覚めたいじめっこと姫が婚姻を結ぶことを知った主人公は途方にくれて、

城から逃げ出した。もちろん指名手配されるも、
主人公は一人のドワーフと出会う、
そしてこの世界には伝説武器【レジェンドウェポン】というものがあると知る。

主人公はたくさんの友達をつくるため、古い武器を探すことに、
古い武器だと個性があり話をしていて楽しいからというものだ。

主人公の旅は始まる。いつかお姫様を勇者から奪い返すために。
そしていつまでもおままごとの高校生だといわせないために。
主人公は立ち上がるのだ。

※この作品は小説家になろうでも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 83,822 位 / 83,822件 ファンタジー 24,236 位 / 24,236件