モブですが、婚約者は私です。

 声高々に私の婚約者であられる王子様が婚約破棄を叫ぶ。隣に震える男爵令嬢を抱き寄せて。
 婚約破棄されたのは同年代の令嬢をまとめる、アスラーナ。私の親友でもある。そんな彼女が目を丸めるのと同時に、私も目を丸めた。
 待ってください。貴方の婚約者はアスラーナではなく、貴方がモブ認定している私です。


新しい風を吹かせてみたくなりました。
なんかよく有りそうな感じの話で申し訳ございません。
24hポイント 99pt
小説 10,792 位 / 144,439件 恋愛 5,121 位 / 45,163件