みなしごと百貨の王

【あらすじ】
 時は大正、浅草十二階下。ある理由から夢も希望もなく生きていたみなしごの〈しおん〉は、ひょんなことから少年音楽隊の選考会に迷い込む。孤児を追い払おうとする座長に水をかけられ、みすぼらしい濡れ鼠になったはずのしおんのことを、まっすぐに見つめる者がひとりだけいた。
「歌わないのか?」
 その男、若き百貨店王龍郷(りゅうごう)との出会いが、しおんの世界を大きく変えていく。
 座敷牢に閉じ込められない系大正浪漫、ここに開幕。

イラストは有償依頼しているものです。無断転載ご遠慮ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬コミ参加します。「虹を見たかい」に後日談のえろを書き足したものが新刊です。
12/28(土)南棟ノ19b「不機嫌ロメオ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24hポイント 14pt
小説 16,739 位 / 87,344件 BL 2,866 位 / 8,507件