人外マニアの探偵

異形はびこる現世界。
比較的に平和な日常が訪れている時代でのこと。

それでも時折、多種多様な事件が舞い込んでくる。
なかでも謎に包まれた人外の案件はややこしく。
警察は、専門知識を持ってる人物に協力を頼んでいた。

「ヒトミさん、依頼が来てますよ。」


※小説家になろうにて投稿

そこはとある探偵事務所。
助手の声に応えて、探偵は飲んでいたコーヒーを置いた。

※小説家になろうにて投稿
24hポイント 42pt
小説 9,472 位 / 64,208件 ミステリー 127 位 / 1,597件