妾の子である公爵令嬢は、何故か公爵家の人々から溺愛されています。

私の名前は、ラルネア・ルーデイン。エルビネア王国に暮らす公爵令嬢である。
といっても、私を公爵令嬢といっていいのかどうかはわからない。なぜなら、私は現当主と浮気相手との間にできた子供であるからだ。

普通に考えて、妾の子というのはいい印象を持たれない。大抵の場合は、兄弟や姉妹から蔑まれるはずの存在であるはずだ。
しかし、何故かルーデイン家の人々はまったく私を蔑まず、むしろ気遣ってくれている。私に何かあれば、とても心配してくれるし、本当の家族のように扱ってくれるのだ。たまに、行き過ぎていることもあるが、それはとてもありがたいことである。

※下記の関連作品を読むと、より楽しめると思います。
24hポイント 674pt
小説 1,872 位 / 100,217件 恋愛 993 位 / 27,983件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

転移したらダンジョンの下層だった

Gai
ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:8215pt お気に入り:2938

婚約者はわたしよりも、病弱で可憐な実の妹の方が大事なようです。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:9705pt お気に入り:9763

さんざん妻をいじめた元婚約者が来ているようだ。

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:859pt お気に入り:1362

実家から絶縁されたので好きに生きたいと思います

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:56107pt お気に入り:9741