異世界転生したら自分の息子になったけどまた死んじゃったので膣内射精からやり直します!

※本作は『トンネルを抜けると異世界であった。~タクシードライバーのちょっとエッチな救世主日誌~』の続編です。

 ヒトミをタクシーに乗せて現世に戻ってきた佐藤健太だったが、その直後、トラックと正面衝突して、ヒトミもろとも命を落としてしまう。無の中を漂う健太の意識に、タクシーの声が語り掛けてきた。

『主殿、異世界転移ができたのだから、異世界転生ができない理屈はあるまい?』


 再びサンガリアへと舞い戻った彼の魂はなんと、最愛の女エリウと自分の間にできた男子『タケル』として転生を果たしたのである。
 愛しい母や十人の異母姉たちと共にすくすくと育つタケル。だがある日、家族が暮らす館がゴーマ軍の襲撃を受け、何のチート能力も持たないタケルはあっけなく殺される。ゴーマ軍の陣頭には、タケル同様異世界転生を果たしたヒトミの姿があった。

 今度こそ一巻の終わりかと覚悟を決めたタケル。しかし彼はロンディムの一室、つまり転生前の健太の姿で目を覚ます。何だ夢か、と胸を撫で下ろし、エリウと愛を確かめ合った後、ヒトミをタクシーに乗せて、健太は再び現世へと戻る。前夜見た夢の話をタクシーに語って聞かせると、タクシーはそれが単なる夢などではなく、世界がループしているのだと告げた。

『一度の射精の精液に含まれる、二億とも三億とも言われる生殖細胞――つまり精子の中で、卵子に到達し受精できるのはたった一つ。言い換えれば、何億通りもの可能性が残されていたことになる。次こそは強力なチート能力を持って転生し、このループを抜け出すことができるかもしれないぞ』

 膣内射精からやり直して転生したタケルは強力なチート能力で今度こそ死を回避できるのか? 敵として転生したヒトミの運命は?
 生死のループを精子で切り抜ける、お下劣異世界転生ファンタジー、ここに爆誕。
24hポイント 7pt
小説 28,221 位 / 121,670件 ファンタジー 5,585 位 / 31,943件