『悪役』のイメージが違うことで起きた悲しい事故

 ある男爵が手を出していたメイドが密かに娘を産んでいた。それを知った男爵は平民として生きていた娘を探し出して養子とした。

 娘の名前はルーニー。
 とても可愛い外見をしていた。

 彼女は人を惹き付ける特別な外見をしていたが、特別なのはそれだけではなかった。

 彼女は前世の記憶を持っていたのだ。

 そして彼女はこの世界が前世で遊んだ乙女ゲームが舞台なのだと気付く。
 格好良い攻略対象たちに意地悪な悪役令嬢。

 しかしその悪役令嬢がどうもおかしい。何もしてこないどころか性格さえも設定と違うようだ。

 乙女ゲームのヒロインであるルーニーは腹を立てた。

 “悪役令嬢が悪役をちゃんとしないからゲームのストーリーが進まないじゃない!”と。
 怒ったルーニーは悪役令嬢を責める。

 そして物語は動き出した…………──




※!!※細かい描写などはありませんが女性が酷い目に遭った展開となるので嫌な方はお気をつけ下さい。

※!!※『子供が絵本のシンデレラ読んでと頼んだらヤバイ方のシンデレラを読まれた』みたいな話です。


◇テンプレ乙女ゲームの世界。
◇ふんわり世界観。ゆるふわ設定。
◇ご都合展開。矛盾もあるかも。
◇なろうにも上げる予定です。
24h.ポイント 149pt
488
小説 6,849 位 / 187,475件 ファンタジー 1,082 位 / 42,881件

あなたにおすすめの小説

【第一章・完】魔女の生き残り大作戦~女神の台本は屑籠へどうぞ~

茄珠みしろ
恋愛
目覚めたら小説の中ですぐに自殺してしまい退場する令嬢に転生していたルディア(5歳)。 妹に婚約者を奪われる経験なんて一度で十分! 今世は全力回避させていただくため、婚約自体拒否! 諸悪の根源である父親とも縁を切りフラグを折るどころか立たせない! けれども裏で暗躍するアンポンタンが余計なことをするせいで面倒なことに? せっかく諸悪の根源を家から追い出したのに、どこまでもチラチラと気配を感じてしまう。 ならばこちらも徹底的に————無視! 虚弱な体質のせいでなかなか思うように動けないルディアは、神官の力を借りて体を治すために神聖国に向かう。 そこでの出会いはルディアのその後の人生を大きく左右するもので、無自覚に原作小説のヒロインの邪魔をしているが、気にしない。 だって自分の人生が大切だから! 神聖国で魔法を習得したルディアは本当の父親の招待を受けて別の島に旅立つ。 異母兄たちの洗礼を受けたルディアとルディアを溺愛する異父兄のフィディス。 末の妹にメロメロになってしまう異母兄たちが突然腕試しを始めた目的はいったい何なのか? 唖然とするルディアに知らされた目的、それは————ルディアの専属騎士になる事。 強力なライバル(?)登場に焦りを感じるフィディスだが、本当のライバル(?)は地上の魔族の国にこそいた。 夢の中でだけの邂逅だった念願の相手、ノクスとの出会いに胸を膨らませ神聖国に戻ったルディアを待っていたものは、アンポンタンの計略!? いい加減しつこい。そう思っていれば大神官長から教えられた衝撃の真実。 ふざけんな、女神! その台本は屑籠行決定だ!

悪役令嬢と執事が入れ替わり、悪役令嬢は純粋令嬢になりました

天災
恋愛
 悪役令嬢は純粋令嬢になりました…

十三月の離宮に皇帝はお出ましにならない~自給自足したいだけの幻獣姫、その寵愛は予定外です~

氷雨そら
恋愛
幻獣を召喚する力を持つソリアは三国に囲まれた小国の王女。母が遠い異国の踊り子だったために、虐げられて王女でありながら自給自足、草を食んで暮らす生活をしていた。 しかし、帝国の侵略により国が滅びた日、目の前に現れた白い豹とソリアが呼び出した幻獣である白い猫に導かれ、意図せず帝国の皇帝を助けることに。 死罪を免れたソリアは、自由に生きることを許されたはずだった。 しかし、後見人として皇帝をその地位に就けた重臣がソリアを荒れ果てた十三月の離宮に入れてしまう。 「ここで、皇帝の寵愛を受けるのだ。そうすれば、誰もがうらやむ地位と幸せを手に入れられるだろう」 「わー! お庭が広くて最高の環境です! 野菜植え放題!」 「ん……? 連れてくる姫を間違えたか?」 元来の呑気でたくましい性格により、ソリアは荒れ果てた十三月の離宮で健気に生きていく。 そんなある日、閉鎖されたはずの離宮で暮らす姫に興味を引かれた皇帝が訪ねてくる。 「あの、むさ苦しい場所にようこそ?」 「むさ苦しいとは……。この離宮も、城の一部なのだが?」 これは、天然、お人好し、そしてたくましい、自己肯定感低めの姫が、皇帝の寵愛を得て帝国で予定外に成り上がってしまう物語。 小説家になろうにも投稿しています。 3月3日HOTランキング女性向け1位。 ご覧いただきありがとうございました。

完結「不治の病にかかった婚約者の為に、危険を犯して不死鳥の葉を取ってきたら、婚約者が浮気してました。彼の病が再発したそうですが知りません」

まほりろ
恋愛
「リシェル・ゼーマン辺境伯令嬢!  貴様は婚約者である僕の看病をそっちのけで、新米の兵士でも一週間あれば余裕で取れる不死鳥の葉を、一か月もかけてのろのろと取ってきたそうだな!  しかもキマイラやグリフォンやケルベロスの出る山を五つ越え、バジリスクの住む死の荒野を越え、毒蠍の出現する砂漠を越え、アンデットモンスターが闊歩する毒の沼地を越え、不死鳥の山を半日ほどロッククライミングして山頂にいる不死鳥とバトルして、艱難辛苦の末に、不死鳥が守っていた木から不死鳥の葉を手に入れ来たなどと嘘をついているそうじゃないか!  そんな薄情で嘘つきでずる賢い女は僕の婚約者に相応しくない!  よって今日限りで貴様との婚約を破棄する!  僕は、病に冒された僕の手をずっと握っていてくれた優しいクラーラと結婚する!」  苦労して不死鳥の葉を取ってきて王太子の病を治してやったのに、彼から言われた言葉はこれだった。  こんなアホでも一応幼馴染、十八歳の若さで死なせるのは可哀相だと思い、不死鳥の葉を取ってきたのが間違いだった。  こんな愚か者とはさっさと別れて、故郷に帰ってのんびり暮らしましょう。 「婚約破棄、承知いたしました」  私は淑女の礼をして部屋を出た。  王太子は病が完治したと思い込み私を切り捨てた。  しかし数か月後、王太子の病が再発して……。  不死鳥の葉を取りに行けるのは勇者の血を引く私と父のみ。  王太子殿下、私たち親子をあれだけ罵っておきながら今さら泣きついてきたりしませんよね? 【こんな人におすすめ】 ・強いヒロインが好き ・ざまぁは徹底的に ・ハッピーエンドが好き ・スパダリから溺愛されたい ※無断転載を禁止します。 ※朗読動画の無断配信も禁止します。 ※後日譚を不定期に投稿してます。 「Copyright(C)2023-まほりろ/若松咲良」 ※「不治の病にかかった婚約者の為に危険を犯して不死鳥の葉を取ってきた辺境伯令嬢、枕元で王太子の手を握っていただけの公爵令嬢に負け婚約破棄される。王太子の病が再発したそうですが知りません」のタイトルで、小説家になろうにも投稿してます。 ※2023年9月17日女性向けホットランキング5位まで上がりました。ありがとうございます。

彼女を殺してはいけません。

豆狸
恋愛
『私がお守りします。ずっとずっと、ロドルフ様のことを愛します』 幼い私がそう約束したとき、父の不貞で光を失った髪飾りの白い花が輝いていたと悪魔が教えてくれました。あのとき悪魔もいたのでしょうか? だけど髪飾りが砕けた以上その約束も無効になるでしょう。 悪魔にこの身を捧げる前に大精霊様方から罰を受けるかもしれませんね、愛するべきではない方を愛した罪で。

日々徒然日記

克全
エッセイ・ノンフィクション
 自分の小説を、自力で10冊プリントオンデマンド本と電子書籍にしました。現在日本アマゾンとアメリカアマゾンを中心に販売していますが、その経過と日々感じた事を書いて行こうと思います。

課長がイケメン青年と入れ替わって抱かれてしまう(仮)

MJ
BL
どうも作者です。 色々なジャンルの小説を書いて勉強中です。 せっかくなので、BLにもチャレンジしようと思います。 でも、実はBLを読んだことがほとんどありません。 この間五冊三百円のBL小説を買ってきましたが、どうも面白さがわからず読み進めることが出来ません。その小説が面白くなかったのか、私がBLを理解してないから面白く感じないのか分かりません。 唯一BLっぽいメデイアにちゃんと接したのはドラマの「おっさんずラブ」です。 私はドラマの男同志のキスシーンに抵抗を感じてしまっていました。 唯一面白かったのが主人公が幼なじみの女の子とうまくいきそうになったところだから絶望的にBLの感覚がわかっていないかもしれません。 だけれども、こんな私でも書いてみれば意外とまともなBL小説がかけるかも知れません。 何故か家にはボーイズラブ小説の書き方という本が転がっていたし、BL好きな女の子の友達の女の子と知り合いです。なので一度は書いてみろと言うことだと思ってチャレンジしてみます。 でも全然未知の世界のことだから、エッチシーンを書いていいものか、書かない方がいいのかそんなこともよく分かっていません。 もしも、もしも、BL好きな読者の方で読んで感想をくださる方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いします。 そのアドバイスにそった方向に話を展開していこうと思います。 今回書くあらすじとしては、食品会社の課長とイケメン青年が入れ替わってしまうという話にしようと思ってます。 食品会社の課長は見た目は小太りなおじさんで、冷凍食品の生産工場を任されてます。 工場のおばちゃん達にはトーク力で人気があります。 イケメン青年は売れっ子ホストで同じホストクラブの男の子と同棲中です。 二人とも頭を強く打って気付いたら入れ替わっていたという所からお話が始まります。 お互いに入れ替わった世界で上手く生活が成り立ちません。 同棲中の男の子に中身が課長の青年がラブシーンを強要されたり、 同棲中の男の子が中身はイケメンの課長と寝るとか、 そんな三角関係のお話にしようと思います。

スキル「糸」を手に入れた転生者。糸をバカにする奴は全員ぶっ飛ばす

Gai
ファンタジー
人を助けた代わりにバイクに轢かれた男、工藤 英二 その魂は異世界へと送られ、第二の人生を送ることになった。 侯爵家の三男として生まれ、順風満帆な人生を過ごせる……とは限らない。 裕福な家庭に生まれたとしても、生きていいく中で面倒な壁とぶつかることはある。 そこで先天性スキル、糸を手に入れた。 だが、その糸はただの糸ではなく、英二が生きていく上で大いに役立つスキルとなる。 「おいおい、あんまり糸を嘗めるんじゃねぇぞ」 少々強気な性格を崩さず、英二は己が生きたい道を行く。

処理中です...