令嬢と5人の婚約者

レーメンツ伯爵家の次女、アメリアには婚約者が5人いる。
獣人と半獣と人間。爵位もそれぞれ。
しかし、アメリアは5人のうちの誰かと結婚できなくても構わないと思っていた。
彼女には前世の記憶があったのだ。
『どんなことがあっても、キミだけを守る。たとえ、人間でなくなったとしても』
そう言った前世の相手。顔もわからない、その言葉とその瞬間の自分のことしか覚えていない前世。
前世のアメリアが死ぬ瞬間に言われた言葉。
アメリアはただその人物だけを探していた。それが誰かもわからないまま。
見ても前世の声をかけてくれた相手かはわからないかもしれないし、相手も覚えていない可能性が高い。
たとえその人物が人の言葉を話せない存在になっていたとしても、覚えているのであれば感謝の言葉を伝えたいと思っていた。



今月中に5万字を取り敢えず目指しておりますが、不定期更新となります。
学園、魔法、ファンタジー、恋愛ものです。
最初のころは恋愛は全くしておりませんが、恋愛はします。時間がかかるだけです。


※1月17日 プロローグ 『レーメンツ公爵家』を『レーメンツ伯爵家』に修正しました。


次の更新は18日18時です。それ以降は2月中旬から下旬。


2020年2月16日 近況ボードをご確認ください。
24hポイント 0pt
小説 126,098 位 / 126,098件 恋愛 36,166 位 / 36,166件