平民を好きになった婚約者は、私を捨てて破滅するようです

「聖女ローナを婚約者にするから、セリスとの婚約を破棄する」

 婚約者だった公爵令息のジェイクに、子爵令嬢の私セリスは婚約破棄を言い渡されてしまう。
 ローナを平民だと見下し傷つけたと嘘の報告をされて、周囲からも避けられるようになっていた。

 そんな中、家族と侯爵令息のアインだけは力になってくれて、私はローナより聖女の力が強かった。
 聖女ローナの評判は悪く、徐々に私の方が聖女に相応しいと言われるようになって――ジェイクは破滅することとなっていた。
24h.ポイント 71pt
505
小説 11,501 位 / 187,402件 恋愛 5,195 位 / 56,765件

あなたにおすすめの小説

婚約者を運命の相手と信じ、愛してきた私ですが…何もかも間違いだった事を知りました。

coco
恋愛
姉の導きで出会った彼を、運命の相手だと信じていた私。 しかし、肝心の彼は家に帰らず浮気をして居る様で…? そしてある出会いにより…私は、全てを知る事となる─。

婚約破棄した上に、私を無能だとこき使った婚約者と愛人は…何もかも失ってしまいました。

coco
恋愛
婚約者が愛人を作った事で、婚約破棄された私。 しかも、魔力が無い事で無能と言われ…使用人としてこき使われてしまい…?

私を悪者にし婚約破棄を迫り幸せになろうとした婚約者と妹は、共に身を滅ぼしました。

coco
恋愛
私が浮気しているからと、婚約破棄を求めて来た婚約者。 そして、その証拠を突き付けて来た妹。 二人は、共に身を滅ぼしました─。

最強と言われてたのに蓋を開けたら超難度不遇職

鎌霧
ファンタジー
『To The World Road』 倍率300倍の新作フルダイブ系VRMMOの初回抽選に当たり、意気揚々と休暇を取りβテストの情報を駆使して快適に過ごそうと思っていた。 ……のだが、蓋をひらけば選択した職業は調整入りまくりで超難易度不遇職として立派に転生していた。 しかしそこでキャラ作り直すのは負けた気がするし、不遇だからこそ使うのがゲーマーと言うもの。 意地とプライドと一つまみの反骨精神で私はこのゲームを楽しんでいく。 小説家になろう、カクヨムにも掲載

聖女と言われた姉が堕ちていくまで

あんころもちです
恋愛
ダリア聖教王国の公爵長女のエリーは人々から聖女として慕われていた。 でも妹の私はローズはエリーはとんでもない悪女だと知っていた。

家政夫執事と恋愛レッスン!?~初恋は脅迫状とともに~

霧内杳/眼鏡のさきっぽ
恋愛
「かしこまりました、ご主人様」 執事服の男が恭しくお辞儀をする。 自分は家政婦を頼んだはずなのだ。 なのに、なんで執事がいるんだろう……? 散らかり放題の家のせいで部屋に閉じ込められること三度。 とうとう、紅夏は家政婦の依頼を決意する。 けれど、当日来たのは……執事コスをした男。 人見知りでさらに男が苦手な紅夏は断ろうとするが、強引に押し切られ、契約してしまう。 慇懃無礼な執事コス家政夫、松岡との緊張する日々。 しかもある日、自分が初恋もまだなTLノベル作家だと知られてしまう。 「なら私を、彼氏にしますか?」 慇懃無礼な家政夫執事とはじまった恋愛レッスン。 けれど脅迫状が届きはじめて……? 葛西紅夏 24歳 職業 TLノベル作家 初恋もまだな、もちろん処女 理想の恋愛相手は王子様……!?  × 松岡克成 22歳 職業 家政夫 趣味 執事 慇懃無礼な俺様 脅迫状の犯人は? この恋はうまくいくのか――!? ****** 毎日、20:10更新 ****** 2019/04/01連載開始

〖完結〗あなたに愛されることは望みません。

藍川みいな
恋愛
ブルーク公爵家の長女に生まれた私は、幼い頃に母を亡くした。父に愛されたことなど一度もなく、父が後妻を迎えると、私は使用人用の住まいに追いやられた。 父はこの国で、一番力を持っていた。一国の王よりも。 国王陛下と王妃様を殺害し、王太子であるアンディ様を国王に据えた。両親を殺され、12歳で国王となったアンディ様は、父の操り人形だった。 アンディ様が18歳になると、王妃になるように父に命じられた。私の役割は、アンディ様の監視と彼の子を産むこと。 両親の仇であるブルーク公爵の娘を、愛することなど出来るはずがない。けれど、私はアンディ様を愛していた。自分が愛されていないことも、愛されない理由も、愛される資格がないことも分かっている。愛されることなど、望まない。 父親がどんな人間かは、私が一番良く分かっている。父は母を、殺したのだから……。 彼に愛されなくても、彼を守るために私は王妃となる決意をする。王妃となってまもなく、アンディ様は愛する人を見つけたからと側室を迎えた。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。

【本篇完結】無能だと言われて婚約破棄に追放されましたが、女王陛下に見初められました!

ユウ
恋愛
ルイス・フェンネルは平凡でありながら温和で心優しい青年だった。 家族をこよなく愛し、領地の特産物でもある薬草を育てることに精を出していた。 ただ目下の悩みは婚約者のマリエルとの関係だった。 長男でありながら、婿養子に迎えられる立場故に、我儘で横暴なマリエルには困り果てていた。 「本当に無能な男、こんな男と結婚しなくてはいけないんてなんて不幸なの!」 そんな中、マリエルに婚約破棄を告げられ伯爵家から追い出されてしまうのだが――。 「誰の邪魔にならないように静かに暮らそう」 婚約破棄を甘んじて受けようとしたルイスだったが、リディア王女殿下に見初められてしまう。 しかもリディア王女殿下は、第一王位継承権を持っており、次期女王陛下となることが決まっていた。 婚約破棄をされ追放されたはずが、いきなり王配となるのだが、マリエルが王宮に乗り込んで来てしまう。