僕は世界の創造主として、僕の創った物語を僕自身で謳歌する――予定だったんだけど? どうしてこーなった⁉

小学校六年生の僕は無類のゲーム好き。
但しゲームとは言っても、流行りのソーシャル、ヴァーチャルと言ったデジタルの物ではないんだ。

会話で遊ぶゲーム――テーブルトークロールプレイングゲーム、略称はTRPG。

ある日、学校の帰り道に立ち寄ったちょっと怪しい雰囲気のある古本屋で、今まで見たこともない豪華な装丁本に視線を奪われた僕。

中身を確認してみると――、
TRPGのルールブックそのものだった。

こんなの出てたんだと思いつつも速攻で購入……ちょっと高かったけど。

逸る気持ちを抑えて帰宅すると、早速、読み解いた僕――。

とても自由度の高い基本ルール以外は、全てがゲームマスターの自由。


なにこれ、めっさ面白い!


それから数日間、学校から帰っては黙々と遊ぶ舞台となる僕だけの世界を、必死に創り上げていった――。

そして、遂に完成した僕だけの世界。
意気揚々と喜ぶのも束の間、重要なことに気付く僕。


友達がいないことを思い出す――。


意気消沈しながらも、自分が遊ぶキャラクターを作ったりと準備を進める為、学校から帰って直ぐに自室に戻る僕。


だけど、あり得ない事態に遭遇するのだった――。


意図せず不適切な表現になっていた際は、何卒ご容赦のほど、宜しくお願い致します。

拙い文章でお目汚し大変失礼致しますが、皆さまに少しでも愉しんで頂けることを願って。
24hポイント 0pt
小説 83,329 位 / 83,329件 ホラー 2,978 位 / 2,978件