【改訂版】スキルなしの魔法使いは、自分の才能に気付いていない

この世界の者なら絶対に持っている物――スキル。
前世の記憶を持つ少女・リリアは、〝スキルなし〟として蔑まれて過ごしていた。

ある日、彼女は1人の魔法使いと出会う。

「リリア。お前、魔法使いになりたくはないか?」

「……はい?」

誘われるまま魔法使いの弟子になり、数年後――〝スキルなし〟と見下す奴らを魔法の才で見返す存在となったリリアは、様々な事件に巻き込まれることになる。

これは、〝私〟がリリアとして生き、自分の〝才能〟を見つけるまでの物語。
(※前に書いていた物の書き直しVer.です。前に掲載したお話から色々と変更しております。)
(※展開はゆっくり目です)
(※感想、誤字脱字の報告、お待ちしております。)
24h.ポイント 42pt
493
小説 17,875 位 / 185,544件 ファンタジー 2,487 位 / 42,683件