無能な聖女はいらないと婚約破棄され、追放されたので自由に生きようと思います

辺境伯令嬢レイチェルは学園の卒業パーティーでイラリオ王子から、婚約破棄を告げられ、国外追放を言い渡されてしまう。
レイチェルは一言も言い返さないまま、パーティー会場から姿を消した。
邪魔者がいなくなったと我が世の春を謳歌するイラリオと新たな婚約者ヒメナ。
しかし、レイチェルが国からいなくなり、不可解な事態が起き始めるのだった。

章を分けるとかえって、ややこしいとの御指摘を受け、章分けを基に戻しました。
どうやら、作者がメダパニ状態だったようです。

表紙イラストはイラストAC様から、お借りしています。
24hポイント 284pt
小説 4,557 位 / 144,018件 恋愛 2,168 位 / 44,954件