妖育―忠義の果てにー

 市民革命の暴動から、長年仕えてきたトゥヒム殿下を連れ出したリュドラー。彼は豪商サヒサに擁護を求めた。サヒサは言う。「商人は利益があることにしか動かない」と。一騎当千と謳われた騎士の自分を警護として雇えば、トゥヒム殿下を擁護するに足る働きになるとリュドラーは考える。サヒサはある条件を飲めば、トゥヒム殿下を擁護し不自由のない生活を約束すると持ち掛ける。心身ともに差し出す覚悟と答えたリュドラーに、サヒサは答える。「淫靡な余興の奴隷として従うのであれば、殿下にふさわしい暮らしを保証しよう」と――。
24hポイント 14pt
小説 17,344 位 / 73,697件 BL 2,733 位 / 6,668件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

親友をセフレにする方法

BL / 完結 24h.ポイント:702pt お気に入り:1808

家出した伯爵令嬢

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:149363pt お気に入り:3942

受験生でしたが転生したので異世界で念願の教師やります

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:10

人妻六英雄は自ら股を開く

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:2201pt お気に入り:136

異世界 2人の物語

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:4