絵を描くキカイ

 16歳の片井小花は夢を叶えるために美術部に入った。そこで出会った少し変わった友人、山下加奈。小花は彼女と共に青春を謳歌する。しかし、ある日突然、加奈はデパートの屋上から飛び降りた。彼女はなぜ、そんなことをしたのだろう。加奈のいなくなった街で、小花は彼女に思いを馳せ、加奈のことを知るために「外」へと出る。そして彼女は知る。その真実を―。


※物語は前日譚から始まります。
24hポイント 0pt
小説 63,491 位 / 63,491件 ライト文芸 2,440 位 / 2,440件