ここで逢った(遭った)のが運の尽き!?  ~腹黒皇太子の赤い鳥

メーディス帝国へやって来たのは、冒険者の赤髪の魔女マール。
そんな彼女へ着いたそうそう依頼が舞い込んできた。
レベルS級難易度Max、然も時間はない。
余りな依頼で無い限りマールは依頼を遂行する。
そして今回も渋々そのいらいを受けたはいいものの、何やら状況が今一つ可笑しいし納得が出来ない事ばかり。
失敗かと思いきや、どうやらそうでもないらしい。
何と言ってもマールの目の前には魔王ならぬこの世のものと思えぬ美しい男性が、何故か怖いくらいぞっとするような綺麗な笑みを湛えたままマールを自身の婚約者だとのたまう。
一方マールにはその様な記憶はこれっぽっちもない。
平行線上にいる二人はこれから……。

一応短編を目指す心算です。
更新は母の介護と体調によって不定期になる可能性大です。
24hポイント 21pt
小説 11,635 位 / 63,803件 恋愛 4,217 位 / 15,908件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!