桜蘂ふる

 延宝二年春。浪人の身であった父を病で亡くした春秋(ひととせ)源之丞は、僅か七歳で天涯孤独の身となった。
 再び仕官することを目指していた父の望みを引き継ぎ、源之丞は形見の大刀を背に負い、大名屋敷を訪ね回る。
 しかし身寄りのない子供を相手にする屋敷は一つもなく、途方に暮れていた。
 そこに声を掛けたのが、後に主君として戴くことになる六歳の美童・秋月万作であった。
24h.ポイント 85pt
0
小説 11,194 位 / 183,944件 歴史・時代 50 位 / 2,108件