紫乃森統子

紫乃森統子

歴史時代物ばっかり。幕末・新選組・二本松藩・二本松少年隊とかその辺中心。作風はコメディだったりシリアスだったり。架空の藩を舞台にした時代小説とかも。
10
 延宝二年春。浪人の身であった父を病で亡くした春秋(ひととせ)源之丞は、僅か七歳で天涯孤独の身となった。  再び仕官することを目指していた父の望みを引き継ぎ、源之丞は形見の大刀を背に負い、大名屋敷を訪ね回る。  しかし身寄りのない子供を相手にする屋敷は一つもなく、途方に暮れていた。  そこに声を掛けたのが、後に主君として戴くことになる六歳の美童・秋月万作であった。
24h.ポイント 21pt
小説 24,141 位 / 186,271件 歴史・時代 124 位 / 2,101件
文字数 37,788 最終更新日 2024.01.28 登録日 2023.05.31
慶応四年、奥州二本松藩もまた、戊辰の戦火に巻き込まれようとしていた。 城内が不穏な空気に満ちていく中、姫君である瑠璃は、江戸から帰藩したばかりの西洋流砲術師範・木村銃太郎に弟子入りを志願するが── 実在した歴史上の人物、出来事を扱っていますが、実在の人物・団体には一切関係ありません。 主人公は架空の人物です。 コメディっ気が混じったり恋愛要素も含みます。番外編も載せてますが、基本どれから読んでも大丈夫な仕様になってます。 この作品はカクヨム・小説家になろうでも掲載しております。
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 279,316 最終更新日 2023.10.19 登録日 2022.03.21
相添はん 雲のあはひの 彼方(をち)にても── 安政六年、小姓仕えのために城へ上がった大谷武次は、家督を継いで間もない若き主君の帰国に催された春の園遊会で、余興に弓を射ることになる。 武次の放った矢が的にある鳥を縫い留めてしまったことから、謹慎処分を言い渡されてしまうが──
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 40,513 最終更新日 2023.06.07 登録日 2023.05.27
新選組好きが高じて、マニアを自称する会津出身の高校生「高宮伊織」が、とある事故をきっかけに幕末の京へタイムスリップ。 幕末に生きる人々との出会い、現代では経験し得ない日常を通して戸惑いながらも少しずつ成長していく。 シリアス半分、コメディ半分。恋愛要素はほぼないです。 ★「第6回ライト文芸大賞」で奨励賞を頂きました。まことにありがとうございます(*´人`*)
24h.ポイント 113pt
小説 8,511 位 / 186,271件 ライト文芸 80 位 / 7,020件
文字数 328,368 最終更新日 2023.04.01 登録日 2018.01.09
当たり前の日々が崩れた、その日があった──。 まだほんの14歳の少年たちの日常を変えたのは、戊辰の戦火であった。 後に二本松少年隊と呼ばれた二本松藩の幼年兵、堀良輔と成田才次郎、木村丈太郎の三人の終着点。 ※本作品は昭和16年発行の「二本松少年隊秘話」を主な参考にした史実ベースの創作作品です。  
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 27,966 最終更新日 2022.10.08 登録日 2022.10.08
番頭の赤沢太兵衛に嫁して八年。初(はつ)には子が出来ず、婚家で冷遇されていた。夫に愛妾を迎えるよう説得するも、太兵衛は一向に頷かず、自ら離縁を申し出るべきか悩んでいた。 その矢先、領内で野盗による被害が頻発し、藩では太兵衛を筆頭として派兵することを決定する。 太兵衛の不在中、実家の八巻家を訪れた初は、昔馴染みで近習頭取を勤める宗方政之丞と再会するが……
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 41,026 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.04.20
月尾藩家中島崎与十郎は、身内の不義から気を病んだ父を抱えて、二十八の歳まで嫁の来手もなく梲(うだつ)の上がらない暮らしを送っていた。 年の瀬を迎えたある日、道場主から隔年行事の御前試合に出るよう乞われ、致し方なく引き受けることになるが…… 【第9回歴史・時代小説大賞で奨励賞を頂きました。ありがとうございます!】
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 27,371 最終更新日 2022.04.10 登録日 2022.03.26
刑場の手伝いを生業とする非人の娘、秋津。その刑場に、郡代見習いの検視役としてやってきた元宮恭太郎。秋津に叱咤されたことが切っ掛けで、恭太郎はいつしか秋津に想いを寄せるようになっていくが――。
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 98,439 最終更新日 2022.03.25 登録日 2021.12.08
幕末、戊辰戦争。会津の東に藩境を接する奥州二本松藩は、西軍の圧倒的な戦力により多くの藩兵を失い、進退極まっていた。寡兵ながらも徹底抗戦の構えを取る二本松藩は、少年たちの予てからの出陣嘆願を受け、13歳以上の出陣を認めたのだった。後に「二本松少年隊」と呼ばれる少年隊士たちの一人、岡山篤次郎を描いた作品です。
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 20,815 最終更新日 2018.01.15 登録日 2018.01.15
 時は幕末。奥州二本松藩に朱鞘を佩いた青年がいた。名を青山泰四郎。小野派一刀流免許皆伝の、自他共に認める厳格者。  そんな泰四郎を幼少から慕う同門の和田悦蔵は柔和で人当たりも良く、泰四郎とは真逆の性格。泰四郎を自らの目標と定め、何かとひっついてくる悦蔵を、泰四郎は疎ましく思いつつも突き放せずにいた。  やがて二本松藩の領土は戊辰戦争の一舞台となり、泰四郎と悦蔵は戦乱の中へと身を投じることとなる…。
24h.ポイント 0pt
小説 186,271 位 / 186,271件 歴史・時代 2,101 位 / 2,101件
文字数 75,689 最終更新日 2018.01.12 登録日 2018.01.12
10