風に散る─幕末戊辰二本松─

慶応四年、奥州二本松藩もまた、戊辰の戦火に巻き込まれようとしていた。
城内が不穏な空気に満ちていく中、姫君である瑠璃は、江戸から帰藩したばかりの西洋流砲術師範・木村銃太郎に弟子入りを志願するが──


実在した歴史上の人物、出来事を扱っていますが、実在の人物・団体には一切関係ありません。
主人公は架空の人物です。
コメディっ気が混じったり恋愛要素も含みます。番外編も載せてますが、基本どれから読んでも大丈夫な仕様になってます。

この作品はカクヨム・小説家になろうでも掲載しております。
24h.ポイント 0pt
0
小説 183,947 位 / 183,947件 ライト文芸 7,336 位 / 7,336件