傍観者ーBystanderー 二年B組

傍観者は存在感を消し去り、人知れず視線を登場人物に送り続ける。決して介入することはない。
彼が客観視をやめ、ひとたび舞台にあがるとき、物語はあやうい方向へ動き出す。それは果たして創作者の意図なのか、はたまた演出家の綾なのか。それとも、彼自身の意志なのか。
24hポイント 28pt
小説 19,684 位 / 144,018件 青春 244 位 / 5,345件