一番になれなかった身代わり王女が見つけた幸せ

旧題:一番になれなかった私が見つけた幸せ〜誰かではなく、私はあなたを選びます〜


――『後宮に相応しい華を献上せよ』

大国ローゼンの王妃が亡くなってから半年が経ったある日、周辺国へと通達が送られてきた。つまり国王の王妃または側妃となる者を求めていると。
各国の王家は新たな繋がりを得る機会だと色めきだった。

それは我が国も同じで、選ばれたのは婚約者がいない第二王女。
『……嫌です』
ポロポロと涙を流す可憐な第二王女を、愛しそうに見つめていたのは私の婚約者。
そして『なんで彼女なんだっ、あなたが行けばいいのにっ!』と彼の目は訴えていた。

ずっと前から気づいていた、彼が私を愛していないことぐらい。 でもまさか、私の妹を愛しているとは思ってもいなかった。そんな素振りは一度だって見せたことはなかったから。


――『……第一王女である私が参ります』

この言葉に誰よりも安堵の表情を浮かべたのは、私の婚約者だった。



※この作品の設定は架空のものです。
※内容があわない時はブラウザバックでお願いします。
24h.ポイント 362pt
890
小説 3,140 位 / 187,396件 恋愛 1,442 位 / 56,764件

あなたにおすすめの小説

おじさんが異世界転移してしまった。

月見ひろっさん
ファンタジー
ひょんな事からゲーム異世界に転移してしまったおじさん、はたして、無事に帰還できるのだろうか? モンスターが蔓延る異世界で、様々な出会いと別れを経験し、おじさんはまた一つ、歳を重ねる。

起きられないモーニングコール、眠れない夜カフェ。

待鳥園子
恋愛
突然、夜に良く眠れなくなってしまった会社員のまゆ。 いろいろと試してみた結果、どうやらわずかな光でも気になって堪らなくて、浅い睡眠しか取れないようになってしまったらしい。 苦し紛れの解決策に洋式棺桶を購入し、その中で眠ることにしたまゆ。ある日、棺桶の蓋を開けると、見えたのは自室とは違う天井。 そして、なぜか顔見知り程度の関係のはずのカフェ店員もそこに居た。

【本編完結】元皇女なのはヒミツです!

あまぞらりゅう
恋愛
 お会いしたことのない方との手紙の交換だけで相手を好きになるなんて、おかしいでしょうか?  アレクサンドル帝国の皇女エカチェリーナはまだ顔も見たことのない婚約者の王太子フレデリックと文通を重ねて、やがて二人は惹かれ合う。  だが、革命が勃発して帝国は滅び、王太子との婚約は解消になって、エカチェリーナは平民の「リナ」として生きて行かなければいけなくなった。  そしてリナは平民の身分になって、やっとフレデリックと巡り合うが……。 ※他サイト様にも投稿しています!

令嬢は大公に溺愛され過ぎている。

ユウ
恋愛
婚約者を妹に奪われた伯爵家令嬢のアレーシャ。 我儘で世間知らずの義妹は何もかも姉から奪い婚約者までも奪ってしまった。 侯爵家は見目麗しく華やかな妹を望み捨てられてしまう。 そんな中宮廷では英雄と謳われた大公殿下のお妃選びが囁かれる。

私は大切にされていますか~花嫁修業で知る理想と現実~

矢野りと
恋愛
カリナは大恋愛の末、商家の跡取り息子サリムと婚約を結んだ。二人はすぐにでも結婚したかったが、サリムの両親は「商家出身ではないカリナがいきなり商家に嫁ぐのは大変だろう」とカリナの事を考えて三か月間の花嫁修業期間を設けることを提案する。 カリナは商売を手伝いながら花嫁修業を頑張るが…。 ーーー理想と現実は残酷なほど違うものだった。 カリナはこのまま結婚することが幸せなのか考えるようになる。 ※作者の他作品『浮気の代償』の登場人物が出てきます。 ※設定はゆるいです。

~冒険者によって全てを失った少年は蒼銀の少女と出会う~

昼馬志子
ファンタジー
15歳の少年ルークは過去に全てを失った『あの日』から冒険者として日銭を稼ぐ生活を送っていた。 いつも通りゴブリン討伐依頼を受け洞窟へと向かうが、そこで一人の少女と出くわす。少女の後を付け先へ進むと、洞窟の先には人工物である扉が待ち構えており、その先が『ダンジョン』であることは明らかだ。ダンジョンとは人が何らかの意図を持ち、作り上げたもので、扉の先には何かが待ち受けていても不思議ではない。 少女の話によると、最奥部にはかつて世界を滅ぼしかけた狂王の魂が封印されており、攫われた母を探す手掛かりになるという。 ダンジョンで徘徊する死霊を倒し、その先で待ち構えていたのは……。 「悪魔の王……オレが奴を倒そう」 剣と魔法の世界で繰り広げられる、壮大な使命を負いし少年少女の旅物語です。

今の幸せを捨て新たな幸せを求めた先にあったもの

矢野りと
恋愛
夫トウイ・アロークは13年間も連れ添った妻エラに別れを切り出す。 『…すまない。離縁してくれないか』 妻を嫌いになったわけではない、ただもっと大切にするべき相手が出来てしまったのだ。どんな罵倒も受け入れるつもりだった、離縁後の生活に困らないようにするつもりだった。 新たな幸せを手に入れる夫と全ての幸せを奪われてしまう妻。その先に待っていたのは…。 *設定はゆるいです。

あなたが選んだのは私ではありませんでした 裏切られた私、ひっそり姿を消します

矢野りと
恋愛
旧題:贖罪〜あなたが選んだのは私ではありませんでした〜 言葉にして結婚を約束していたわけではないけれど、そうなると思っていた。 お互いに気持ちは同じだと信じていたから。 それなのに恋人は別れの言葉を私に告げてくる。 『すまない、別れて欲しい。これからは俺がサーシャを守っていこうと思っているんだ…』 サーシャとは、彼の亡くなった同僚騎士の婚約者だった人。 愛している人から捨てられる形となった私は、誰にも告げずに彼らの前から姿を消すことを選んだ。

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。