『たった6文字のHOPE ~神谷探偵事務所はぐれ事件簿~』


[注意(これを書いておかないと、タイトル詐欺になりそうなので)]
 この作品は、表面上ミステリーの皮を被ってはいますが、いろいろとデタラメで、推理モノと言えるような代物ではありません。なので、真面目に推理をすると、後々に馬鹿を見ることになるかと思いますので、ご注意ください。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 それにしても……と、フォークと口を動かしながら慎也は思う。
(こんなはずじゃ、なかったのにな……)
 刑事を辞めて探偵事務所を開こうと決心した時、確かハードボイルドな探偵を目指していたはずなのに……。
 テーブルの上には、チョコレートケーキ&ティーセットがあり。それを囲んでの、若者たちとのちょっと遅めの夕方のティータイム。
 ああ、なんてアットホーム感のある光景なんだろう……。
 ハードボイルド……。その響きとは、似ても似つかない。あまりにも掛け離れすぎている。
 ハードボイルドは、どこへ行った?
 やはり、煙草も吸えないような超甘党童顔男には、端からハードボイルドなど無理だったんだろうか。
(でも、まあ……これはこれでいいか)
 結構楽しいし……。本当のところ、今ではもう、慎也の中にハードボイルドへの拘りはあまりなかったりする。
 それどころか、幽霊の女の子までいる、一風変わったこの事務所の温かな家族的(アットホーム)な雰囲気を慎也はとても気に入っていた。
 刑事だった頃にはなかった安らぎが、今の生活にはあった。
 ハードボイルドの夢は破れたが、ユーモアミステリーの世界も悪くないものである。
 ソファーに背をあずけ瞼を閉じると、半年前の出来事が脳裏に甦ってきた。

(──以上、「FILE・#1 神谷探偵事務所の諸事情」本文より抜粋)

(現在、本作品は「アルファポリス」と「小説家になろう」にて掲載しています。)
24hポイント 0pt
小説 47,112 位 / 47,112件 キャラ文芸 1,257 位 / 1,257件