十六夜の月の輝く頃に

十二単を身に纏った女性たちが、わらわらと宮中や貴族の邸に仕える今日この頃。

恋多き女として名高い宮仕えの女房(侍女)の中将は、
同僚から賭けを持ちかけられる。

「いいじゃない。あなた、恋は、本気でするものじゃないんでしょ? 
 あの、朝廷一の真面目な堅物を、落としてみなさいよ。上手く行ったら、これを差し上げるわ」


堅物として名高い源影(みなもとのかげい)と中将の恋の駆け引きの行方は……?
24hポイント 7pt
小説 20,110 位 / 80,158件 恋愛 8,013 位 / 21,338件