~帝国魔法ギルド第三部土木課~魔法大学を次席で卒業した俺が、左遷された先で皇女様に実力を認められた件

大陸を三分する大国家の一つ、帝国にある魔法ギルド所属のギルバートは、帝国魔法大学を優秀な成績で卒業した秀才だった。
ただ、彼の魔法発動には大きな問題があり、左遷部署と言われている土木課に在籍している。
日々を道路の補修や建物の修理に費やす日々であったが、ギルドマスターのガンドルフの言葉、「道は人々の生活を支える根本だ」に大きく共感し彼自身は特に不平不満を言うことなく仕事をこなしている。
そしてある日、ギルドにやってきた勅使、皇女ローレットの言葉が彼の運命を大きく変えた。
国の命運を背負い、戦いに挑むギルバートは英雄に至れるのか。
24hポイント 63pt
小説 8,207 位 / 84,450件 ファンタジー 1,916 位 / 24,515件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

最弱召喚士の学園生活~失って、初めて強くなりました~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5162pt お気に入り:1029

転生王子はダラけたい

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:38767pt お気に入り:27637

婚約破棄ですか。別に構いませんよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:29047pt お気に入り:7429

追放しなくて結構ですよ。自ら出ていきますので。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:135354pt お気に入り:9248

農民なのに伝説の勇者のステータスが与えられた件

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:92pt お気に入り:10

追放王子の異世界開拓!~魔法と魔道具で、辺境領地でシコシコ内政します

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:17935pt お気に入り:2402