断罪 ~ ざまぁされるくらいならと道づれにしようとしたら、溺愛された ~

「クリスティーナ=ツァイアー。君との婚約を破棄――……」そこまで言いかけた瞬間だった。あるいはそれは奇跡だったのか、俺の中に膨大な『記憶』が蘇った。そうだ、これは、『婚約破棄系ざまぁ小説(追放)』の一場面だ! このままでは俺が断罪されてしまう! 悲惨な未来を回避するべく頑張ります。※異世界もの。固定CP、主人公受け。コメディよりです。
24hポイント 276pt
小説 5,898 位 / 140,280件 BL 1,266 位 / 15,870件