30歳童貞は異世界転移して最強の料理人になる

俺の名前は、真田ヒュウガ。30歳、童貞だ。

20歳の時に両親を事故で亡くし、祖父母に引き取られた。

しかしその祖父母も亡くなり、天涯孤独の身だ。友達もいない。

そんな1人ぼっちの俺は、敬愛する祖父の跡を継ぎ、猟師と料理屋で生計を立てている。

今日も料理屋で使う肉を探すために、猟銃を持って裏山に出かけた。

俺はそこで、一匹の立派な雄鹿と出会う。

引き寄せられるように追いかけるうちに、知らないところに迷い込む。

そこで見たことない金色の兎を発見した俺は、持っていた猟銃で咄嗟に撃ってしまう。

見事に当たり、兎は動かなくなる。

俺は、ホッと息を吐く。

そして安心したのもつかの間、いきなり見たことのない熊が現れた。

その熊は体長3メートル以上、紅い皮膚に覆われ、爪の一本一本が50センチはある。

俺は、一体どこにきてしまったんだ?

これはある日、祖父の教えを大事にしている30歳の童貞が異世界に迷い込み、苦悩を抱えつつも、知らぬ間に最強になり、料理をしたり、時には冒険に出たり、人を救ってみたりしながら、次第に人々に溶け込んでいく物話である。

最初の方を除き、1話は3000文字くらいです。

カクヨムにて『おとら』という名前でも投稿しております。

※2/12に物語の矛盾点や話の流れを変えました。ストーリーそのものには影響が少ないのでそのまま読んでも大丈夫になっております。


ただ今、ファンタジー大賞に参加しております。

もしよろしければ投票をして頂けると嬉しいです。
24hポイント 852pt
小説 1,805 位 / 140,081件 ファンタジー 439 位 / 34,247件