姫君の剣-ひめぎみのつるぎー

常春の地、夕月郷(ゆうづきのさと)
郷にとって、姫は「郷の花」という象徴的な存在であり、大切に守られている。
「郷の花」がいなくなると、郷は枯れるといわれている。

ここに、親を亡くし天涯孤独の身となった少年がいた。名はユキ。
郷屋敷に保護を求め、新米剣士として仕えることになった。


「郷の花」とよばれる、姫君。
その姫の剣として生きる、剣役。

彼らとの出会いが、ユキの運命を大きく動かしていく。
姫君を巡る陰謀に立ち向かう、少年の成長譚。

※この作品は、小説家になろう様にも掲載しております
24hポイント 0pt
小説 83,329 位 / 83,329件 ファンタジー 24,161 位 / 24,161件