ギミックハウス~第495代目当主~

 男は、重度の肺炎で息を引き取った・・・・。はずであった。

 男は知らない豪奢なベッドの上で覚醒する。
 男は、自分の手足が縮んでいることを知る。

 男に与えられた情報は、少ない。
 男が得た物は、豪奢なベッドと、分厚い本だけだ。

 男は”ハウス6174”の第495代目当主になったことを知る。

 男は、なぜ呼び出されたのか?死にたくなければ、戦わなければならない。
 男には、戦う手段が無い。男は、本とハウス6174で侵入者を迎え撃つ。

注)作者が楽しむ為に書いています。
  誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第、直していきますが、更新はまとめてになると思います。
  誤字脱字、表現がおかしいなどのご指摘はすごく嬉しいです。
24hポイント 7pt
小説 26,889 位 / 124,414件 ファンタジー 5,425 位 / 31,957件