北きつね

北きつね

小説を書くために使いやすいテキストエディタ(StoryEditor)を開発をして、やっと納得ができるテキストエディタができたので、公開するとともに、仕事が終わってからの時間に、小説を書いています。。
45 123
 俺は、大木靖(おおきやすし)。  趣味は、”ドライブ!”だと、言っている。  隠れた趣味として、ラノベを読むが好きだ。それも、アニメやコミカライズされるような有名な物ではなく、書籍化未満の作品を読むのが好きだ。  職業は、トラックの運転手をしてる。この業界では珍しい”フリー”でやっている。電話一本で全国を飛び回っている。愛車のトラクタと、道路さえ繋がっていれば、どんな所にも出向いた。魔改造したトラクタで、トレーラを引っ張って、いろんな物を運んだ。ラッピングトレーラで、都内を走った事もある。  道?と思われる場所も走った事がある。  今後ろに積んでいる荷物は、よく見かける”グリフォン”だ。今日は生きたまま運んで欲しいと言われている。  え?”グリフォン”なんて、どこに居るのかって?  そんな事、俺が知るわけがない。俺は依頼された荷物を、依頼された場所に、依頼された日時までに運ぶのが仕事だ。  日本に居た時には、つまらない法令なんて物があったが、今では、なんでも運べる。  え?”日本”じゃないのかって?  拠点にしているのは、バッケスホーフ王国にある。ユーラットという港町だ。そこから、10kmくらい山に向かえば、俺の拠点がある。拠点に行けば、トラックの整備ができるからな。整備だけじゃなくて、改造もできる。  え?バッケスホーフ王国なんて知らない?  そう言われてもな。俺も、そういう物だと受け入れているだけだからな。  え?地球じゃないのかって?  言っていなかったか?俺が今居るのは、異世界だぞ。  俺は、異世界のトラック運転手だ!  なぜか俺が知っているトレーラを製造できる。万能工房。ガソリンが無くならない謎の状況。なぜか使えるナビシステム。そして、なぜか読める異世界の文字。何故か通じる日本語!  故障したりしても、止めて休ませれば、新品同然に直ってくる親切設計。  俺が望んだ装備が実装され続ける不思議なトラクタ。必要な備品が補充される謎設定。  ご都合主義てんこ盛りの世界だ。  そんな相棒とともに、制限速度がなく、俺以外トラックなんて持っていない。  俺は、異世界=レールテを気ままに爆走する。  レールテの物流は俺に任せろ! 注)作者が楽しむ為に書いています。   作者はトラック運転手ではありません。描写・名称などおかしな所があると思います。ご容赦下さい。   誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第、直していきますが、更新はまとめてになると思います。   誤字脱字、表現がおかしいなどのご指摘はすごく嬉しいです。   アルファポリスで先行(数話)で公開していきます。
24hポイント 263pt
小説 3,049 位 / 53,830件 ファンタジー 1,008 位 / 17,659件
文字数 78,425 最終更新日 2019.08.24 登録日 2019.08.01
 俺は、元プログラマ・・・違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。  とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。  火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。  転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。  魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる! ---  こんな生涯をプログラマとして過ごした男が転生した世界が、魔法を”プログラム”する世界。  彼は、プログラムの知識を利用して、魔法を編み上げていく。 注)第七話+幕間2話は、現実世界の話で転生前です。IT業界の事が書かれています。   実際にあった話ではありません。”絶対”に違います。知り合いのIT業界の人に聞いたりしないでください。   第八話からが、一般的な転生ものになっています。テンプレ通りです。 注)作者が楽しむ為に書いています。   誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第直していきますが、更新はまとめてになります。   【改】となっているのは、小説家になろうで投稿した物を修正してアップしていくためです。第一章の終わりまでは殆ど同じになります。ハーレムルートはなくなります。
24hポイント 35pt
小説 10,297 位 / 53,830件 ファンタジー 2,630 位 / 17,659件
文字数 416,206 最終更新日 2019.07.26 登録日 2018.08.12
ファンタジー 連載中 長編 R15
 俺は、どうやら死んでしまうようだ。  ”ようだ”と言ったのは、状況がよくわからないからだ、時間が止まっている?  会社のメンバーと、打ち上げをやった、その後、数名と俺が行きつけにしているバーに顔をだした。デスマ進行を知っているマスターは、何も言わないで、俺が好きな”ギムレット”を出してくれる。  2杯目は、”ハンター”にした、いつものメンバーできているので、話すこともなく、自分たちが飲みたい物をオーダした。  30分程度で店を出る。支払いは、デポジットで足りるというサインが出ている。少なくなってきているのだろう事を想定して、3枚ほど財布から取り出して、店を出る。雑踏を嫌って、裏路地を歩いて、一駅前の駅に向かった。  電車を待つ間、仲間と他愛もない話をする。  異世界に転生したら、どんなスキルをもらうか?そんな話をしながら、電車が来るのを待っていた。 ”ドン!”  この音を最後に、俺の生活は一変する。  異世界に転移した。転生でなかったのには理由があるが、もはやどうでもいい。  現在、途方にくれている。 ”神!見て笑っているのだろう?ここはどこだ!”  異世界の、草原に放り出されている。かろうじて服は着ているが、現地に合わせた服なのだろう。スキルも約束通りになっている。だが、それだけだ。世界の説明は簡単に受けた。  いきなりハードプレイか?いい度胸しているよな?  俺の異世界=レヴィラン生活がスタートした。 注意)  ハーレムにはなりません。  ハーレムを求める人はこの作品からは探せないと思います。
24hポイント 276pt
小説 2,963 位 / 53,830件 ファンタジー 973 位 / 17,659件
文字数 1,363,285 最終更新日 2019.07.14 登録日 2018.08.12
 バスの事故で異世界に転生する事になってしまった高校生21名。  神を名乗る者から告げられたのは「異世界で一番有名になった人が死ぬ人を決めていいよ」と・・・・。  徐々に明らかになっていく神々の思惑、そして明かされる悲しい現実。  それらに巻き込まれながら、必死(??)に贖い、仲間たちと手を取り合って、勇敢(??)に立ち向かっていく物語だったはず。  転生先でチート能力を授かった高校生達が地球時間7日間を過ごす。  異世界バトルロイヤル。のはずが、チート能力を武器に、好き放題やり始める。  全部は、安心して過ごせる場所を作る。もう何も奪われない。殺させはしない。  日本で紡がれた因果の終着点は、復讐なのかそれとも・・・  異世界で過ごす(地球時間)7日間。生き残るのは誰なのか? 注)作者が楽しむ為に書いています。   誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第直していきますが、更新はまとめてになります。   【改】となっているのは、小説家になろうで投稿した物を修正してアップしていくためです。   第一章の終わりまでは、流れは変わりません。しかし、第二章以降は大幅に変更される予定です。主な修正は、ハーレムルートがなくなります。
24hポイント 21pt
小説 13,143 位 / 53,830件 ファンタジー 3,268 位 / 17,659件
文字数 210,773 最終更新日 2019.07.09 登録日 2018.08.25
 簡単に自己紹介をしておこう。  俺は、高校生だ。確かに、親父に騙されて、会社の取締役社長をやっているが、俺だけしか・・・いや、幼馴染のユウキも社員になっていた・・・と思う。  俺の親父は、プログラマとしては一流なのだろうが、面倒なことはやらないとという変わり者だ。  そんな親父に小学生の頃から、プログラムやネットワークやハードウェアの事を叩き込まれてきた。俺が望んだと言っているが、覚えているわけがない。  俺が、パソコンやネットワークに詳しいと知った者からお願いという名の”命令”が届くことが多い。  プログラムを作ってくれとかなら、まだ話ができる。パソコンがほしいけど、何がいいくらいなら可愛く感じてしまう。パソコンが壊れた、辺りの話だと、正直何もできないことの方が多い。  嫌いな奴が居るからハッキングしてくれや、元カノのスマホに侵入してくれ・・・犯罪な依頼も多い。これは、”ふざけるな”断ることができるので気持ちが楽だ。それでも引き下がらない者も多い。その時には、金銭の要求をすると・・・次から話にも来なくなる。  でも、一番困るのは、”なんだだかわからないけど動かない”だ。俺は、プロでもなんでもない。  ただただ、パソコンが好きで、電脳世界が好きな”一般人”なのです。  そんな”一般人”の俺に、今日も依頼が入ってくる。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 現代文学 2,222 位 / 2,222件
文字数 164,854 最終更新日 2019.07.04 登録日 2018.08.11
ホラー 完結 ショートショート R15
 赤く染まった視界は、男から全てを奪った人間の姿しか見えないのか?  男は、全てを奪われた日を忘れない。  左目の視界が赤く染まってしまった日。全てを諦めて、全てを求めた日。  男は持てる知識を使って行動する。 ---  君が俺の所から旅立って、もう23年が経っているよ。  でも、やっと、やっと、やっと、俺は君の所に行ける。  でも、俺はもう40を超えて、50に近くなってしまっているよ。君に嫌われないか不安でしょうがない。  頑張ったよ。君が好きだと言ってくれたスーツ姿。同じ形のスーツを着られるように、体型を維持しているよ。  髪の毛も薄くなるかと思ったけど、薄くならないで良かったよ。  白い色の髪の毛が目立つけど、君の所に行くときには、あの頃と同じで茶色に染めていくよ。  もう少しだから、もう少し・・・。  もう少しだけ待っていて欲しい。  ただ一人・・・。俺が愛した君の所にいくその日まで・・・。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ホラー 2,056 位 / 2,056件
文字数 7,331 最終更新日 2019.06.30 登録日 2019.06.30
 ちょっとだけ切ないショートストーリー。  少しだけ、ホラーテイストが入った小説が多くなると思います。夜に読んでも怖さはないと思います。  現在をベースにしています。地域的なことは、職業的なこともありますので、業界が違う人にはわからないところがあると思いますが、あえて説明はしておりません。  そういうものだと思って楽しんでいただけると嬉しいです。 注)  1話完結(5000~10,000文字程度)になっています。  投稿していた物が、わかりにくいと指摘を受けて短編にした再投稿を行います。  分割した後でこちらでもという話しがあったので続き物として書いていきます。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ライト文芸 2,298 位 / 2,298件
文字数 193,108 最終更新日 2019.06.30 登録日 2018.07.26
 田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。  誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。  同級生たちは忘れていなかった。  忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。  不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。  同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。  ただ、自分を見つけてくれることを願っている。自分は”ここ”に居るのだと叫んでいる。誰に届くでもない叫び声。  そして、ただ1人の友人の娘に手紙を託すのだった。  手紙が全ての真実をさらけ出す時、本当の復讐が始まる。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ホラー 2,056 位 / 2,056件
文字数 39,882 最終更新日 2019.06.12 登録日 2019.05.19
 ラノベ史上一番転移/転生者が多い職業が、IT業界では無いでしょうか?  そんな異世界転生が多い業界ですが、歴史はそれほど古くありません。  そんな浅い歴史でも楽しい人や愚かな人や残念な人そして、哀しい出来事は多く発生しています。  IT業界で働くことを夢見てその門を叩く人は多いだろう。しかし、現実を知った時には抜けられなくなっています。  現実の一部を、プログラムを生業にしている人物が”経験”した事をベースに書いていきます。  実は実話?な話です。信じるか信じないかは読者しだいです。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ライト文芸 2,298 位 / 2,298件
文字数 39,422 最終更新日 2019.06.05 登録日 2019.03.03
 国が少子高齢化対策の目玉として打ち出した政策が奴隷制度の導入だ。  狂った制度である事は間違いないのだが、高齢者が自分を介護させる為に、奴隷を購入する。奴隷も、介護が終われば開放される事になる。そして、住む場所やうまくすれば財産も手に入る。  男は、奴隷市場で1人の少女と出会った。  家族を無くし、親戚からは疎まれて、学校ではいじめに有っていた少女。  男は、少女に惹かれる。入札するなと言われていた、少女に男は入札した。  徐々に明らかになっていく、二人の因果。そして、その先に待ち受けていた事とは・・・。  二人が得た物は、そして失った物は?
24hポイント 28pt
小説 11,290 位 / 53,830件 ライト文芸 323 位 / 2,298件
文字数 43,378 最終更新日 2019.06.05 登録日 2019.03.31
ホラー 完結 ショートショート
 病院の救急口。  そこで、1人の女性が時計を握りしめて座っている。  事件に巻き込まれた家族の手術を待っている。  そこに、犯人逮捕の一報が入る。  犯人は、捕まる時に、割腹自殺を図った。  そして、女性が待っている病院に運ばれてくる。  女性は閉まっている売店に足を向ける。  そして、運ばれてくる犯人。  交差する時間。 止まった時計が動き出す時、物語も動き出す。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ホラー 2,056 位 / 2,056件
文字数 7,867 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.05.31
高校受験の前にすれ違ってしまった幼馴染。悲しそうな顔が忘れられない。 高校受験の前に、幼馴染からの誘いを少しイラッとした気持ちのまま断ってしまった。 すれ違いなのか、それとも、相手の事を考える余裕さえもなくなってしまっていた。 僕は、高校に受かって、自分がやりたいと思っている勉強をする。 そのためにも、しっかりと勉強して、絶対に希望する科に合格しなければならない。 でも、別れ際の幼馴染の悲しそうな顔が、泣き出しそうな顔が脳裏に焼き付いて離れない。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 恋愛 12,741 位 / 12,741件
文字数 4,053 最終更新日 2019.03.27 登録日 2019.03.27
何気なく挟まれていた、3周年を知らせるチラシ。そこから物語が始まる 男子高校生が1人で住むマンションは、セキュリティがしっかりしている。 そんなしっかりとしたセキュリティの部屋のドアに、チラシが挟まれていた。 チラシを受け取るだけの資格は十分に持っていた。 男子高校生は、両親を殺した者たちに復讐するのだろうか?
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ライト文芸 2,298 位 / 2,298件
文字数 4,039 最終更新日 2019.03.27 登録日 2019.03.27
今日の最悪な目覚めが明日も明後日も続くだろう 最悪な目覚め。 俺が毎朝感じている事だ。 ゆっくり寝かせてくれないのもかと思っても無理なようだ。 妹が起こしに来る。母親の声で起こされる。 幼馴染が朝から俺に説教を始める。 俺が悪いのは解るけど、朝くらいゆっくりさせてくれよ。 最高の目覚めとは言わないけど、最良の気持ちがいい目覚めが欲しい。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ライト文芸 2,298 位 / 2,298件
文字数 3,999 最終更新日 2019.03.22 登録日 2019.03.22
恋愛 完結 ショートショート
最後に交わした言葉はインターホン越しの3分間だった 幼馴染の二人 中学の卒業式で、恋人になった。 高校での付き合いを終えて、大学生活がスタートした。 地方から都会に引っ越して、隣に住む二人。 紅茶が冷めない距離に居る二人の、最後の3分間は突然やってきた。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 恋愛 12,741 位 / 12,741件
文字数 3,999 最終更新日 2019.03.20 登録日 2019.03.20
 神社にお参りをして、願い事がかなったら、お礼ではなく、お返しをしなさい。  祖父からそう教えられていた。  小さな港町。  4人の幼馴染は、神社で写生をした。  神社に金賞が取れた事の報告とお返しをする為に神社を訪れた。  4人は大人になって、それぞれが結婚していた。  そして・・・
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 恋愛 12,741 位 / 12,741件
文字数 7,999 最終更新日 2019.03.18 登録日 2019.03.18
 僕と君はルールで繋がっている。  僕が長い長い旅路の先に、君にたどり着く時に、君はルールを破った僕を怒るだろうか?  高校一年生からはず待った二人だけの決めごと。  沢山のルールを決めて、二人だけの世界を築き上げていく。  二人は二人のルールで、二人だけの世界を作った。  二人だけにしかわからないルールかも知れない。でも、二人には、ルールが全てだった
24hポイント 7pt
小説 17,770 位 / 53,830件 恋愛 5,509 位 / 12,741件
文字数 4,038 最終更新日 2019.03.18 登録日 2019.03.18
男は毎日、紙のペンでメモを取る いじめられて自殺した娘。 自殺した娘の後を追った妻。 男は、毎日の仕事を続けている。 毎日同じことを繰り返している男は、心の中で決めていることがあった。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ホラー 2,056 位 / 2,056件
文字数 4,007 最終更新日 2019.03.15 登録日 2019.03.15
料理ができない男女。もっぱら食事のスパイスは隣からの匂いだった。 隣からの料理の匂いが気になってしまう。 古いアパートでの日常。 仕事から帰って来て、自分は疲れて、弁当やカップ麺を食べているのに、隣からは毎日いい匂いがしてくる。 これが拷問じゃなくて、何を拷問というのだろうか? 料理ができない二人は、お互いの事を勘違いしている事を知らない。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 恋愛 12,741 位 / 12,741件
文字数 3,999 最終更新日 2019.03.13 登録日 2019.03.13
 俺は父と母と血がつながっていない。その事を知らない事になっている。  俺は明日、父と母と一緒に住んでいた家から出る。  この家では、長男となっているが、俺は二番目に愛情を注がれるべき対象なのかもしれない。  もしかしたら、愛情を受けることもおかしいのかも知れない。  俺は、本当の両親の事を知らない。  知りたいとも思ったことはない。  たとえ、弟が産まれて、二番目の愛情だったとしても、俺は両親から愛情を感じているからだ。  家から出る前日に父から話があると言われた。
24hポイント 0pt
小説 53,830 位 / 53,830件 ライト文芸 2,298 位 / 2,298件
文字数 4,019 最終更新日 2019.03.11 登録日 2019.03.11
45 123