ヒロインに剣聖押し付けられた悪役令嬢は聖剣を取り、そしてカフェを開店する。


「ヴィルテローゼ、貴様との婚約破棄をここに宣言する。」

婚約破棄された瞬間、全てを思い出す。
ここは乙女ゲームの世界であり、自分が悪役令嬢だということ。

皇太子が学院を去る卒業パーティーで、
ヴィルテローゼ・ネージュは婚約者の皇太子に婚約破棄を突きつけられる。
婚約破棄を突きつけられた中庭で、聖女の遺跡が光る。そこでヒロインが聖女であることが判明し、
それを虐めたヴィルテローゼが国外追放になるが、
遺跡が反応したのはヒロインではなくヴィルテローゼ。しかもそれは聖女として反応したのではなく、
ヴィルテローゼが剣聖に選ばれた故反応したのだった。

このゲームの攻略対象は、皇太子と騎士団長プラス、聖剣に選ばれた「剣聖」と呼ばれる12人の騎士。
剣聖とは、騎士のトップであり、神器を扱う者達。

ゲームにはないシナリオでヴィルテローゼは剣聖に選ばれ、異例の13番目の剣聖に。
「ローアン・ゼロ・ブリューナク」、それが剣聖として与えられた名。
……正直言って受けたくない。
国王に「一つ望みを叶えるから剣聖になることを承知して欲しい」と言われ、その時はまだ何も言わなかった。

合同任務を様々な剣聖とこなすが、剣聖達が全くまともな食事を取っていないことに気がつく。
ヴィルテローゼは願いを「夜に仕事をこなすから朝と昼に店を開きたい」とカフェを開店することに。

カフェは剣聖にかなり評判が良くお店も順調。
そんな中騎士団長が店に入り浸るようになり?

24hポイント 2,023pt
小説 792 位 / 74,550件 恋愛 428 位 / 19,425件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

人形と呼ばれる私が隣国の貴方に溺愛される訳がない

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:78632pt お気に入り:7717

転生先は推しの婚約者のご令嬢でした

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:17116pt お気に入り:3237

癒しの聖女を追放した王国は、守護神に愛想をつかされたそうです。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:138309pt お気に入り:6129

悪役令嬢なのに下町にいます〜王子が婚約解消してくれません〜

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:43772pt お気に入り:4805