凪鈴蘭

凪鈴蘭

色んな恋愛小説書いてます。現在高1です。
9
恋愛 連載中 長編
乙女ゲームの悪役令嬢で、攻略対象である皇太子の婚約者のネフィリムに転生してしまった。 …だがあいにく、婚約者に興味などない! 前世は一人っ子だったから弟と妹が可愛すぎる…。 だがかわいいが故に厳しいことを言って、なかなか本心を伝えられない…。 学園ではおしとやかな生徒会長なのに弟妹を溺愛しているのがネフィリムの秘密だった。 しかも目標は、皇太子からヒロインを遠ざけ、妹を皇后に勧めて自分は公爵家の仕事に徹すること。 だがある日、いつものように愛想のない態度をとっていた皇太子に、 妹の寝顔を「かわいい」とほほ笑んでいるところを見られ、秘密がバレてしまう。 生徒会長ポジション故、バラされるわけにはいかない…。 バラさない条件として、「婚約破棄を望まず、いつもより一緒にいること」と言われ、婚約破棄を狙うどころか、逆に一緒にいることが多くなり、噂は広がるばかり。 …最悪だ。はっきり嫌だと言おうと決心し、気持ちを伝えるが、「逃がさないよ」と満面の笑みでほほ笑まれる。
24hポイント 1,795pt
小説 607 位 / 63,827件 恋愛 293 位 / 15,912件
文字数 4,364 最終更新日 2020.01.23 登録日 2020.01.23
恋愛 連載中 長編
双子の妹と口論になり、階段から突き落とされ、死亡の後、 なんとプレイ中の乙女ゲームに転生していた。 でもその転生先はなんとヒロインの身代わりだった。 身代わりといっても、ヒロイン、フレンジアの双子の妹。 双子の姉のフレンジアはこの国、カペル帝国の皇太子の婚約者、 次期皇后。 そのフレンジアが平日に皇太子と会うときに、 代わりにフレンジアの通う学園にに通うのがゲームアイテムの双子の妹、サンドランジア。 そのアイテムとして転生するなんて最悪だ…。 学務を押し付ける姉、次期皇后になる姉にしか興味がなく、 身代わりとして学園に通うことを良しとする両親。 いつかざまあしてやる…。 でもサンドランジアのポジションは影武者、身代わり、アイテム。 そんな立場じゃ無理か…。 そんなことを思いながら、姉(ビッチ)が皇太子と会うため、 身代わりに学園に行った放課後、 生徒会室に呼び出され、生徒会長である第二皇子のエドレンシスに求婚される。 フレンジアの立場なので、求婚を断ると、「サンドランジアに聞いている」と言われ、 なんと身代わりなのがバレていた。 自分と結婚すれば、自由を約束する、と言われ、身代わりなんてしたくないと思い、 その求婚を承諾した。 その日の夜、なんと皇太子が皇位継承権を剥奪、姉は次期皇后ではなくなった。 そしてエドレンシスが皇太子となり、そのエドレンシスと婚約しているため、 自動的に私が次期皇后になり、ざまあが成立?
24hポイント 646pt
小説 1,398 位 / 63,827件 恋愛 637 位 / 15,912件
文字数 6,986 最終更新日 2020.01.20 登録日 2020.01.02
恋愛 連載中 長編
借金取りの家系に生まれた瑠璃。 ある日恨みを買って、殺害されてしまう。 目が覚めると、なんとプレイ中の乙女ゲームの王太子に婚約破棄される、 アフォガート商会の娘、シェイールに転生していた。 元は借金取りの家系の娘だったから、お金の計算は得意だったし、なんの問題もない。 婚約破棄される学園の卒業パーティーの場でも、ゲームのシェイールならこんなことは言わないが、 「慰謝料を払え」とも言ったし、慰謝料ゲット!これからは商会でしっかり働こうと思っていたら、 隣国の幼馴染、元皇太子の現皇帝に結婚を申し込まれる。 私万歳実家生活生活は…? 「私慰謝料請求した女ですよ?」 「知ってるけど?」 幼馴染は結構な腹黒でした…。 ※タイトル・設定一部変更しました。
24hポイント 3,592pt
小説 366 位 / 63,827件 恋愛 175 位 / 15,912件
文字数 16,044 最終更新日 2020.01.19 登録日 2020.01.12
恋愛 連載中 長編
乙女ゲームに明け暮れる日々をすごす女子高生、陽茉莉。 ある日屋上から突き飛ばされ、死亡の後、 なんとプレイしていた乙女ゲーム、「スカーレット」の第一王女のスノーリリーに転生していた。 ……ちょっと待った。 ヒロインは第二王女のスカーレット。 第一王女のスノーリリーは本当に地味で、前髪は長く、陰キャの塊といえる人物で、もはや悪役令嬢でもない!! ただのモブ王女だぁ……。 加えて王位継承権第1位は第一王女のスノーリリーであり、次期女王なのだが、即位を前にして婚約者で次期王配となるカーネルをスカーレットに寝取られ、暗殺されてしまうなんとも最悪なポジション。 婚約者を寝取られ王位までも奪われるなんて悪いけど絶対嫌! こんな地味な姿を晒すのは、最後にしましょう。
24hポイント 3,145pt
小説 407 位 / 63,827件 恋愛 203 位 / 15,912件
文字数 73,440 最終更新日 2020.01.11 登録日 2019.12.09
恋愛 連載中 長編
いつ死んだかもわからない、どんな自分だったかも思い出せない。 だけど、前世の記憶がある。 前世の夢を何回も見る。ここが、ゲームの中の世界だと知っている。 スグリ・デ・シレネ=ブルーエルフィン、ビニドウィード帝国の皇女です。 何故ビニドウィードという国の皇女なのに、姓にビニドウィードがないのかというと、 私が妖精に愛される体質、愛し子と呼ばれる存在だからだ。 愛し子は、ブルーエルフィンと呼ばれる妖精の聖地の名の姓を名乗ることを妖精王から許される。 故に聖女扱いとなる。 私は、ここがゲームの世界だと知っている。 はっきり言ってスグリはわき役だ。 聖女は、もう一人いる。それがヒロインなのだ。 やってられない…。スグリが15歳の時、「王戦」が始まる。 王戦は、四人の国王に選ばれたメンバーが、皇位をめぐって争いあうこと。 スグリは帝候補の一人であり、もし帝にならなかった場合は、王となる男に嫁ぐことになるのだが、 その立場を、ヒロインに持っていかれるのだ。 なんでそんな立場に転生なんてするんですか…。 世迷い言も言いたくなります。 タイトル変更いたしました
24hポイント 99pt
小説 5,328 位 / 63,827件 恋愛 2,128 位 / 15,912件
文字数 9,017 最終更新日 2020.01.07 登録日 2020.01.06
恋愛 連載中 長編
侯爵令嬢として生まれたクトリア・オルレンは、生まれつき女神の加護を受ける証である白い天使のような羽を持って生まれた。 そのせいで母親からは避けられ、家族すら自分を恐れて目を合わせようともしない。 加護を受けることから、クトリアは次期王妃に選ばれる。 でも婚約者の王太子はクズ野郎だった。 機嫌が悪ければ蹴られ、顔を踏みつけられる。 家族にも婚約者にも愛されない、そんな毎日に嫌気がさしてきたころ、助けてくれた人が魔王で、なんと魔王に求婚される! 『……逃げたくないか?』 『……逃げたい』 魔王の手を取った瞬間から、歯車が動き出した。 タイトル変更いたしました。
24hポイント 340pt
小説 2,357 位 / 63,827件 恋愛 1,026 位 / 15,912件
文字数 9,705 最終更新日 2019.12.06 登録日 2019.12.01
恋愛 連載中 長編
……もしかして私、転生しまった? 悪役令嬢のラブストーリー本を読んでいたら通り魔に刺され、亡くなった女子高生、澪は、朝起きると読んでいた本の中の世界にいた。 これは悪役令嬢になった!?と思いきや、鏡に映ったのは、まさかのヒロイン役の公爵令嬢、 シルエ・ルナリスだった。 何ということだと、頭を抱える澪。 何故なら、 読んでいた本のストーリーは、悪役令嬢が王太子に婚約破棄され、王弟に愛されるストーリー。 悪役令嬢が主人公で、シルエは悪役令嬢を蹴落とす役。そして王太子の妻となり、王太子は国王に、シルエは女王となるが、なんともその王太子はポンコツ……つまりはアホなのである。 王太子は王になってから贅沢しすぎて国民から批判を浴び、最後は王弟に王位を奪われ、王太子とシルエは処刑。そして王弟が王に、悪役令嬢は最終的に王妃となる。 このままいけば、私、処刑される!? 後、ポンコツな王太子に愛されるのも絶対嫌!! 本の通りになんて絶対させない。 というわけでヒロインを放棄します。
24hポイント 220pt
小説 3,514 位 / 63,827件 恋愛 1,424 位 / 15,912件
文字数 45,351 最終更新日 2019.12.03 登録日 2019.11.18
セレーヌ王国、小さい国だが、緑豊かで国民から愛され、千年の歴史を誇る国。 セレーヌ王国の貴族、フィーネ伯爵家令嬢、 イヴ・ザラキエル・フィーネは死神と女神の加護を受けて産まれ、神の加護を受けているのでセレーヌ王国の第一王子の婚約者にも選ばれていた。 イヴを狙う輩も少なくなかったが、それなりに家族とも王子とも平和に暮らしていた。 だがある日、イヴの存在を知った隣国ベルツェ帝国は死神と女神の加護を受ける令嬢を手渡さなければ戦を仕掛けると、イヴを要求してきて…!?
24hポイント 35pt
小説 9,098 位 / 63,827件 恋愛 3,465 位 / 15,912件
文字数 28,197 最終更新日 2019.11.17 登録日 2019.11.05
恋愛 連載中 長編
代々妖を治癒できる力を持つ霞家。 霞家の力を受いだ霞・氷鶴(かすみ・ひつる)は、幽世で医者として働いている。 いつもの様に医者として働いていると、重症患者が運ばれてくる。 治癒の能力で何とか治し、患者は回復した。 その妖は「覚(さとり)」という人の心が読める妖の紫空(しあ)だった。 『本当にお前って解りやすいよね。』 気に入っちゃったといわれ、いきなりキスされる。 しかもチャラくて人の心が読めるから氷鶴はからかわれまくり。 治療は終わっているはずなのに何かと理由をつけ、氷鶴の元に来る紫空。 そして紫空に氷鶴は惚れたから花嫁にしたいと迫られる。 絶対に嫌だと断るも、チャラくても氷鶴を守ってくれたり、時々見せる真剣な表情に氷鶴は紫空に惹かれて行く……。 妖物は初めて書くので未熟な部分があるかもしれまんが、楽しんでいただければ幸いです!感想とか頂けたら嬉しいです! よろしくお願いします!
24hポイント 0pt
小説 63,827 位 / 63,827件 恋愛 15,912 位 / 15,912件
文字数 5,798 最終更新日 2019.11.16 登録日 2019.11.15
9