はずれのわたしで、ごめんなさい。

 姉のベティは、学園でも有名になるほど綺麗で聡明な当たりのマイヤー伯爵令嬢。妹のアリシアは、ガリで陰気なはずれのマイヤー伯爵令嬢。そう学園のみなが陰であだ名していることは、アリシアも承知していた。傷付きはするが、もう慣れた。いちいち泣いてもいられない。

 婚約者のマイクも、アリシアのことを幽霊のようだの暗いだのと陰口をたたいている。マイクは伯爵家の令息だが、家は没落の危機だと聞く。嫁の貰い手がないと家の名に傷がつくという理由で、アリシアの父親は持参金を多めに出すという条件でマイクとの婚約を成立させた。いわば政略結婚だ。

 こんなわたしと結婚なんて、気の毒に。と、逆にマイクに同情するアリシア。


 そんな諦めにも似たアリシアの日常を壊し、救ってくれたのは──。
24hポイント 610pt
小説 2,504 位 / 148,464件 恋愛 1,240 位 / 46,794件