14
恋愛 完結 短編 R15
 伯爵令息のパットは、婚約者であるオーレリアからの突然の別れ話に、困惑していた。 「確かにぼくには、きみの他に愛する人がいる。でもその人は平民で、ぼくはその人と結婚はできない。だから、きみと──こんな言い方は卑怯かもしれないが、きみの家にお金を援助することと引き換えに、きみはそれを受け入れたうえで、ぼくと婚約してくれたんじゃなかったのか?!」  正面に座るオーレリアは、膝のうえに置いたこぶしを強く握った。 「……あなたの言う通りです。元より貴族の結婚など、政略的なものの方が多い。そんな中、没落寸前の我がヴェッター伯爵家に援助してくれたうえ、あなたのような優しいお方が我が家に婿養子としてきてくれるなど、まるで夢のようなお話でした」 「──なら、どうして? ぼくがきみを一番に愛せないから? けれどきみは、それでもいいと言ってくれたよね?」  オーレリアは答えないどころか、顔すらあげてくれない。  けれどその場にいる、両家の親たちは、その理由を理解していた。  ──そう。  何もわかっていないのは、パットだけだった。
24hポイント 3,798pt
小説 466 位 / 144,124件 恋愛 210 位 / 45,035件
文字数 13,395 最終更新日 2022.06.24 登録日 2022.06.10
恋愛 完結 短編 R15
「──わかった、これまでのことは謝罪しよう。とりあえず、国に帰ってきてくれ。次の聖女は急ぎ見つけることを約束する。それまでは我慢してくれないか。でないと国が滅びる。お前もそれは嫌だろ?」  出来るだけ優しく、テンサンド王国の第一王子であるショーンがアーリンに語りかける。ひきつった笑みを浮かべながら。  だがアーリンは考える間もなく、 「──お断りします」  と、きっぱりと告げたのだった。
24hポイント 1,618pt
小説 962 位 / 144,124件 恋愛 449 位 / 45,035件
文字数 31,165 最終更新日 2022.06.08 登録日 2022.05.09
恋愛 完結 短編
「……ごめん。ぼくは、きみではない人を愛してしまったんだ」  幼馴染みであり、婚約者でもあるミッチェルにそう告げられたエノーラは「はい」と返答した。その声色からは、悲しみとか、驚きとか、そういったものは一切感じられなかった。  ──どころか。 「ミッチェルが愛する方と結婚できるよう、おじさまとお父様に、わたしからもお願いしてみます」  決意を宿した双眸で、エノーラはそう言った。
24hポイント 582pt
小説 2,315 位 / 144,124件 恋愛 1,111 位 / 45,035件
文字数 17,926 最終更新日 2022.05.07 登録日 2022.04.18
恋愛 完結 短編
「女性の中で一番愛しているのはきみだけど、すべての人間の中で一番好きなのは、アデラかな」  婚約者のネイトは何の悪びれもなく、そう言って笑った。  ネイトの元恋人から、どうしてネイトと別れたのかを聞かされたエリンの心が揺らぐ。けれどネイトは、僅かに残る想いを見事にぶった斬ってくれた。 「ねえ、ネイト。わたし、公爵令嬢なんですよ。知っていましたか?」
24hポイント 369pt
小説 3,516 位 / 144,124件 恋愛 1,688 位 / 45,035件
文字数 21,141 最終更新日 2022.04.13 登録日 2022.03.23
恋愛 完結 短編 R15
 いつものように屋敷まで迎えにきてくれた、幼馴染みであり、婚約者でもある伯爵令息──ミックに、フィオナが微笑む。 「おはよう、ミック。毎朝迎えに来なくても、学園ですぐに会えるのに」 「駄目だよ。もし学園に向かう途中できみに何かあったら、ぼくは悔やんでも悔やみきれない。傍にいれば、いつでも守ってあげられるからね」  ミックがフィオナを抱き締める。それはそれは、愛おしそうに。その様子に、フィオナの両親が見守るように穏やかに笑う。  ──対して。  傍に控える使用人たちに、笑顔はなかった。
24hポイント 404pt
小説 3,209 位 / 144,124件 恋愛 1,553 位 / 45,035件
文字数 38,934 最終更新日 2022.03.21 登録日 2022.02.11
恋愛 完結 長編 R15
「お前はとても優秀だそうだから、婚約者にしてやってもいい」  ある日の休日。家族に疎まれ、蔑まれながら育ったマイラに、第一王子であり、姉の婚約者であるはずのヘイデンがそう告げた。その隣で、姉のパメラが偉そうにふんぞりかえる。 「ぞんぶんに感謝してよ、マイラ。あたしがヘイデン殿下に口添えしたんだから!」  一方的に条件を押し付けられ、望まぬまま、第一王子の婚約者となったマイラは、それでもつかの間の安らぎを手に入れ、歓喜する。  だって。  ──これ以上の幸せがあるなんて、知らなかったから。
24hポイント 291pt
小説 4,369 位 / 144,124件 恋愛 2,054 位 / 45,035件
文字数 53,361 最終更新日 2022.02.27 登録日 2022.01.04
恋愛 完結 短編
「──お前はその顔で、本当に王族なのか?」  そう問いかけてきたのは、この国の第一王子──サイラスだった。  真剣な顔で問いかけられたセシリーは、固まった。からかいや嫌味などではない、心からの疑問。いくら慣れたこととはいえ、流石のセシリーも、カチンときた。 「…………ぷっ」  姉のカミラが口元を押さえながら、吹き出す。それにつられて、広間にいる者たちは一斉に笑い出した。  当然、サイラスがセシリーを皮肉っていると思ったからだ。  だが、真実は違っていて──。
24hポイント 269pt
小説 4,685 位 / 144,124件 恋愛 2,186 位 / 45,035件
文字数 22,887 最終更新日 2022.01.03 登録日 2021.12.10
恋愛 完結 短編 R15
「──お前のこと、本当はずっと嫌いだったよ」 「……ジャスパー?」 「いっつもいっつも。金魚の糞みたいにおれの後をついてきてさ。鬱陶しいったらなかった。お前が公爵令嬢じゃなかったら、おれが嫡男だったら、絶対に相手になんかしなかった」  マリーの目が絶望に見開かれる。ジャスパーとは小さな頃からの付き合いだったが、いつだってジャスパーは優しかった。なのに。 「楽な暮らしができるから、仕方なく優しくしてやってただけなのに。余計なことしやがって。おれの不貞行為をお前が親に言い付けでもしたら、どうなるか。ったく」  続けて吐かれた科白に、マリーは愕然とした。 「こうなった以上、殺すしかないじゃないか。面倒かけさせやがって」  
24hポイント 568pt
小説 2,366 位 / 144,124件 恋愛 1,138 位 / 45,035件
文字数 33,335 最終更新日 2021.10.25 登録日 2021.09.23
恋愛 完結 短編 R15
「──それをあなたが言うの?」
24hポイント 127pt
小説 8,197 位 / 144,124件 恋愛 3,873 位 / 45,035件
文字数 20,939 最終更新日 2021.09.15 登録日 2021.08.26
恋愛 完結 短編
 小さくて、可愛くて、庇護欲をそそられる姉。対し、身長も高くて、地味顔の妹のリネット。  ある日。愛らしい顔立ちで有名な第二王子に婚約を申し込まれ、舞い上がるリネットだったが──。 「あれ? きみ、誰?」  第二王子であるヒューゴーは、リネットを見ながら不思議そうに首を傾げるのだった。
24hポイント 355pt
小説 3,633 位 / 144,124件 恋愛 1,747 位 / 45,035件
文字数 22,721 最終更新日 2021.08.18 登録日 2021.07.29
恋愛 完結 短編 R15
「シンディーのことは、恋愛対象としては見てないよ。それだけは信じてくれ」  夫のランドルは、そう言って笑った。けれどある日、ランドルの幼馴染みであるシンディーが、ランドルの子を妊娠したと知ってしまうセシリア。それを問うと、ランドルは急に激怒した。そして、離縁を言い渡されると同時に、屋敷を追い出されてしまう。  ──数年後。  ランドルの一言にぷつんとキレてしまったセシリアは、殺意を宿した双眸で、ランドルにこう言いはなった。 「あなたの息の根は、わたしが止めます」
24hポイント 504pt
小説 2,645 位 / 144,124件 恋愛 1,269 位 / 45,035件
文字数 39,364 最終更新日 2021.07.24 登録日 2021.06.21
恋愛 完結 短編
 姉のベティは、学園でも有名になるほど綺麗で聡明な当たりのマイヤー伯爵令嬢。妹のアリシアは、ガリで陰気なはずれのマイヤー伯爵令嬢。そう学園のみなが陰であだ名していることは、アリシアも承知していた。傷付きはするが、もう慣れた。いちいち泣いてもいられない。  婚約者のマイクも、アリシアのことを幽霊のようだの暗いだのと陰口をたたいている。マイクは伯爵家の令息だが、家は没落の危機だと聞く。嫁の貰い手がないと家の名に傷がつくという理由で、アリシアの父親は持参金を多めに出すという条件でマイクとの婚約を成立させた。いわば政略結婚だ。  こんなわたしと結婚なんて、気の毒に。と、逆にマイクに同情するアリシア。  そんな諦めにも似たアリシアの日常を壊し、救ってくれたのは──。
24hポイント 418pt
小説 3,111 位 / 144,124件 恋愛 1,512 位 / 45,035件
文字数 36,743 最終更新日 2021.05.24 登録日 2021.04.20
恋愛 完結 短編
「ごめん、リア。出かける直前に、アビーの具合が急に悪くなって」  これが、公爵家令嬢リアの婚約者である、公爵家令息モーガンがデートに遅刻したときにする、お決まりの言い訳である。  モーガンは病弱な妹のアビーを異常なまでにかわいがっており、その言葉を決して疑ったりはしない。  リアが怒っていなくても、アビーが怒っていると泣けば、モーガンはそれを信じてリアを責める。それでもリアはモーガンを愛していたから、ぐっとたえていた。  けれど。ある出来事がきっかけとなり、リアは、モーガンに対する愛情が一気に冷めてしまう。 「──わたし、どうしてあんな人を愛していたのかしら」
24hポイント 702pt
小説 1,980 位 / 144,124件 恋愛 951 位 / 45,035件
文字数 31,135 最終更新日 2021.04.01 登録日 2021.03.05
恋愛 完結 短編
「私が本当に愛しているのは、君だけだよ」  伯爵家の嫡男であるニックが誰もいない校舎の裏でそう囁いたのは、婚約者であるラナではなく、ラナの親友のレズリーだった。 「でもごめんね。家のためには、公爵家の長女であるラナと結婚するしかないんだ」  ラナは涙した。両思いだと信じていた。いつだって優しかったあなた。愛していると何度も言われた。なのに──。  最初は哀しかった。胸が張り裂けそうなほど。でも。 「ラナと結婚するのは、お金のためだけだよ。信じて」  泣きじゃくるレズリーを、ニックが必死に慰める。ラナのせいで。ラナがニックを好きにならなければと、陰口を言い合いながら。  ラナはふと、胸の奥の何かがぷつんと弾けた気がした。  ──ならば、お望み通りに。
24hポイント 986pt
小説 1,459 位 / 144,124件 恋愛 697 位 / 45,035件
文字数 28,071 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.05
14