朝のひだまりの中、君の隣で

「始まりは、午後の木陰のベンチで」、「さよならは、真夜中の車の助手席で」に続く続編です。

バレンタインに想いを寄せる受けと、ままならない攻めのお話。

2/11 バレンタインのこの季節に、またまたこの2人のお話を追加しました。
初めの全く設定のない2人から、攻めに「仕事」の様子が垣間見えます、
が、相変わらず曖昧です(笑)

楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。誤字脱字あったらすみません。

1/11 「さよなら助手席」で話した「始まりベンチ」の続きが書きたいと思ったのが、実はこのお話でして。やっぱりBLはエロがないとね…で、この作品は特にするする書けました(笑)ほぼエロです。エロが苦手な方はご注意ください。

1/21 後日談「お詫びは突然」追加しました。攻め目線のお話。可愛いけどたまに強気な受けが書きたかったんです(笑) 
24hポイント 0pt
小説 139,904 位 / 139,904件 BL 15,813 位 / 15,813件