マレフィード伯爵夫人は知らない

「愛しいシエラ。まだ蕾もつけない可憐な君を、私は生涯にわたり大切にしたい。あの美しいヴェラーヌの花のように、私は幾夜でも君が咲きほころぶのをゆっくりと待とう。だから今は、安心してお休み。」

新婚初夜に、夫から愛を拒まれたシエラは、落胆するどころか、よりその愛を深めていく。
天真爛漫な性格と奇妙な心理を持ったシエラは、愛を知るために、その迷宮へと足を踏み入れていくのだった。
24hポイント 7pt
小説 32,934 位 / 144,642件 恋愛 15,155 位 / 45,271件