【完結】「君を愛することはない」と言われた公爵令嬢は思い出の夜を繰り返す


「君を愛することはない!」

鳴り響く鐘の音の中で、三年の婚約期間の末に結ばれるはずだったマルクス様は高らかに宣言しました。隣には彼の義理の妹シシーがピッタリとくっついています。私は笑顔で「承知いたしました」と答え、ガラスの靴を脱ぎ捨てて、一目散に式場の扉へと走り出しました。

え?悲しくないのかですって?
そんなこと思うわけないじゃないですか。だって、私はこの三年間、一度たりとも彼を愛したことなどなかったのですから。私が本当に愛していたのはーーー


◇よくある婚約破棄
◇元サヤはないです
◇タグは増えたりします

◇薬物などの危険物が少し登場します
24h.ポイント 177pt
5,080
小説 6,536 位 / 186,993件 恋愛 2,848 位 / 56,696件