婚約破棄はしたいけれど傍にいてほしいなんて言われましても、私は貴方の母親ではありません。

「彼女は私のことを好きなんだって。だから君とは婚約解消しようと思う」
他の女性に言い寄られて舞い上がり、10年続いた婚約を一方的に解消してきた王太子。
今まで婚約者だと思うからこそ、彼のフォローもアドバイスもしていたけれど、まだそれを当たり前のように求めてくる彼に驚けば。
「君とは結婚しないけれど、ずっと私の側にいて助けてくれるんだろう?」
貴方は私を母親だとでも思っているのでしょうか。正直気持ち悪いんですけれど。
王妃様も「あの子のためを思って我慢して」としか言わないし。
あんな男となんてもう結婚したくないから我慢するのも嫌だし、非難されるのもイヤ。なんとかうまいこと立ち回って幸せになるんだから!
24hポイント 676pt
小説 1,998 位 / 111,262件 恋愛 1,020 位 / 31,009件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:134732pt お気に入り:17395

愛する貴方の心から消えた私は…

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:158562pt お気に入り:7366

神の審判でやり直しさせられています。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:75098pt お気に入り:2723

まさか転生? 

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:2364pt お気に入り:925