昇華混じりの雪柳 淡い恋の白い肌

「先輩!...別れてくださいっ!」突然、公園に呼び出されて別れを告げられた。
理由も原因も分からず、納得はいかなかった。徐々に知る彼の環境、そして取り巻く欲望。
「拓人様...」
産業衰退により、日本は新たな産業として、東京に花街を再建した。医療の発達、守られる尊厳。
限られた環境で花街は、築き上げられていく。厳しい基準をクリアしたものだけが足を踏み入れる事の出来る花街。知られることのない色子の決まり事。色子を手に入れたい客と外に出て己の願望のために客を選ぶ色子。目には見えない駆け引きが、この場で行われていた。
再び出会う二人。けれど、静かに闇が近づいてくる。
【花街出資者の一族】一条寺 拓人×【欲望に振り回された色子】雪柳 翼
近未来日本を舞台とした話となっております。人の死、薬物の表現が出てきます。
女体化を匂わす表現も出てまいります。苦手な方は、気をつけてください。
※「ムーンライトノベルズ」でも公開中
24hポイント 0pt
小説 57,377 位 / 57,377件 BL 4,722 位 / 4,722件