春にとける、透明な白。

彼女のことを綴る上で欠かせない言葉は「彼女は作家であった」ということだ。
 僕が彼女を知ったその日から、そして、僕が彼女の「読者」になったその日から。
 彼女は最後まで僕にとっての作家であり続けた。作家として言葉を残し続けた。

 いまはもう、その声を耳にすることは出来ないけれど。もしかすると、跡形もなく、僕らの存在は消えてしまうのかもしれないけれど。作家であり続けた彼女の言葉はこの世界に残り続ける。残ってほしいと思う。だから、僕は彼女の物語をここに綴る事にした。

 我儘で、自由で、傲慢で。
 それでいて卑屈で、不自由で、謙虚だった長い黒髪が似合う、彼女の事を。
24hポイント 13,518pt
小説 200 位 / 125,937件 ライト文芸 10 位 / 5,155件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

殿下、私たちはもう終わったんですよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:35871pt お気に入り:7295

花は咲く

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:16954pt お気に入り:28

雪の花〜Snow Drop〜

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:13944pt お気に入り:39

シモウサへようこそ!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:117483pt お気に入り:189

ナイショの妖精さん

児童書・童話 / 完結 24h.ポイント:25986pt お気に入り:76

深夜水溶液

ライト文芸 / 完結 24h.ポイント:2499pt お気に入り:3

森のおみせやさん

児童書・童話 / 完結 24h.ポイント:1959pt お気に入り:10

オタク姫 ~100年の恋~

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:1881pt お気に入り:35

うさぎの楽器やさん

児童書・童話 / 連載中 24h.ポイント:21939pt お気に入り:50

猫神学園 ~おちこぼれだって猫神様になれる~

児童書・童話 / 完結 24h.ポイント:2960pt お気に入り:21