カーテンコール

 生者と死者が会うことは決してない。
 だからこそ。
 声が聞こえた気がする。
 そこにいた気がする。
 そんな気配に慰められながら、遺された者は今日を生きていく。

 主人公レンは、集合墓地を管理する神父イクスのお手伝いを任されていた。
 先日幽霊となった少女レーズィは、自分の死が原因で心を病んでしまった父を心配して、どうやら成仏できないでいるらしい。
 落ち込んでいるレーズィに、何かしてやれることはないかと探すレンだが――。

 ※ゲーム用シナリオとして書き上げたものを、小説版に手直ししたものです。
 背景・スチル・BGM・SE・キャラの登場退出などに頼って描写していないところも多々あるので、読みにくいかもしれません…。

 元々は友人に大学の学祭展示用として頼まれて作ったシナリオです。
 1ルート10分程度で終わる、背景やスチルは極力少なく、キャラ絵は5人程度、ルートは3つ、そのうち隠れエンディングに行くのは1つのみ、など友人の希望と制作する方の負担を減らすなどの色々な制約のもと制作しております。
 なので、上から順に読んでいっていただけたら作者としては嬉しい限りですが、ルートごとの違いが微々たるもので、何度も同じだったり似た場面が出て、しつこく感じるかもしれません…。

 ルート名はユーザーに見えないと思ってかなり遊んで付けてます。読んでもらうのが申し訳ないような仕様ですが、サウンドノベルゲームをプレイしているような気持ちで読んでいただけたら幸いです。
24hポイント 7pt
小説 19,967 位 / 74,344件 ファンタジー 4,684 位 / 21,753件