SF 運び屋小説一覧

カテゴリ SF
タグ 運び屋×
3
1
SF 連載中 長編 R15
《クニオ共和国》にある九番目の街、《クニオ九番街》で運び屋をしながら生計を立てるハナコ・プランバーゴ。 ある日、謎の少女を、反乱軍のもとまで護送する仕事をすることになる。 旅のお供は、相棒兼運転手のトキオ・ユーノス、飲み仲間で護送屋のディック・マクブライト。 アリスを狙う政府軍と、謎の男《ピクシー》の魔の手を振り切り、果たしてハナコは仕事を無事に完遂することができるのか? ※※※ これもだいぶ前に書いて、そのままにしていた本です。 中二病丸出しのベタベタなキャラや設定を、ちゃんとした文章で書いたらどうなるかなー? と思って書き始めたやつです。 九割完成しているので、続きを書きながらちょいちょいあげていきます。 下記サイトにも投稿しています エブリスタ https://estar.jp/novels/25620170 カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054895070538
24hポイント 21pt
小説 19,904 位 / 124,236件 SF 239 位 / 3,554件
文字数 77,586 最終更新日 2021.08.02 登録日 2020.04.10
2
SF 連載中 長編 R15
 地球人が星間航行を手に入れて数百年。地球は否も応も無く、汎銀河戦争に巻き込まれていた。しかしそれは地球政府とその軍隊の話だ。銀河を股にかけて活躍する民間の船乗り達にはそんなことは関係ない。金を払ってくれるなら、非同盟国にだって荷物を運ぶ。しかし時にはヤバイ仕事が転がり込むこともある。  船を失くした地球人パイロット、マサシに怪しげな依頼が舞い込む。「私たちの星を救って欲しい。」  従軍経験も無ければ、ウデに覚えも無い、誰かから頼られるような英雄的行動をした覚えも無い。そもそも今、自分の船さえ無い。あまりに胡散臭い話だったが、報酬額に釣られてついついその話に乗ってしまった・・・ 第一章 危険に見合った報酬 第二章 インターミッション ~ Dancing with Moonlight 第三章 キュメルニア・ローレライ (Cjumelneer Loreley) 第四章 ベイシティ・ブルース (Bay City Blues) 第五章 インターミッション ~ミスラのだいぼうけん 第六章 泥沼のプリンセス ※本作品は「小説家になろう」にも投稿しております。
24hポイント 21pt
小説 19,904 位 / 124,236件 SF 239 位 / 3,554件
文字数 918,034 最終更新日 2019.09.24 登録日 2019.05.28
3
SF 連載中 長編 R15
10年前に起こった海賊事件で両親を失ったアキラ・タチバナは父親の稼業を引き継ぎ星間運輸業を開始。人員輸送も可能な第二種大型船舶操縦免許に銃火器保持取扱者、電子戦攻防が許可される第一種電子武器保持取扱者、放射性物質まで取り扱える特殊危険物取扱者の資格も取り、電子戦が超得意な没落元王女の奴隷ミレーヌに何故か人語が話せる黒猫クロと一緒に、薬物から奴隷、犯罪者までなんでも運ぶ星間運輸業開店。
24hポイント 0pt
小説 124,236 位 / 124,236件 SF 3,554 位 / 3,554件
文字数 21,291 最終更新日 2019.12.06 登録日 2019.11.24
3