艦隊小説一覧

タグ 艦隊×
6
1
SF 連載中 長編 R15
避け得ぬ動乱の時代に備え戦力の充実に邁進する帝国海軍。 その影に「未来の記憶」を持つ男たちの姿があった。 増強された空母群、超巨大戦艦が連合国軍を蹂躙する。
24hポイント 8,903pt
小説 172 位 / 57,620件 SF 2 位 / 1,939件
文字数 92,371 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.07.01
浅深度魚雷を運搬中の空母「加賀」が単冠湾を前にして謎の爆発を起こし沈没。 最大の空母と決戦兵器を失った第一航空艦隊は真珠湾奇襲作戦を中止。 帝国海軍を震撼させた「加賀」爆沈事件によって連合艦隊は戦略の転換を余儀なくされる。
24hポイント 766pt
小説 1,270 位 / 57,620件 歴史・時代 5 位 / 741件
文字数 104,598 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.04.30
昭和一六年、ハル・ノートをはじめとした米国の挑発に対し隠忍自重を重ねる大日本帝国は和平へ向けて粘り強く外交交渉を重ねていた。 しかし、その一縷の望みを託した交渉は決裂。 そして、昭和一七年三月八日、日本は米国に対し宣戦布告。 連合艦隊は圧倒的戦力を誇る連合国艦隊に挑む。
24hポイント 404pt
小説 2,114 位 / 57,620件 歴史・時代 11 位 / 741件
文字数 142,581 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.03.03
 戦闘機の高速化競争に遅れをとった帝国海軍はその差を一気に埋めるべくこれまでの格闘性能重視の軽戦思想から重戦思想へと舵を切る。  その結果生まれたのが「一二試艦戦」として開発された「烈風」だった。  それは前方視界と翼面荷重をガン無視した、極端から極端に走る日本民族が持つ、格好いいかどうかは別としてひとつの生き様の写し鏡でもあった。  やがて開戦。  日本の運命を背負い「烈風」や「強風」といった「風」の名を持つ護国の翼が連合国の戦闘機群を、そして太平洋艦隊を迎え撃つ。
24hポイント 276pt
小説 2,880 位 / 57,620件 歴史・時代 24 位 / 741件
文字数 135,781 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.04.05
突如アメリカ軍陸上攻撃機によって帝都が壊滅的損害を受けた後に宣戦布告を受けた大日本帝国。 祖国のため、そして愛する者のため大日本帝国の精鋭である第一機動部隊が米国太平洋艦隊重要拠点グアムを叩く。
24hポイント 213pt
小説 3,467 位 / 57,620件 歴史・時代 31 位 / 741件
文字数 20,535 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.08.06
とある理由で女性搭乗員のみによって設立された「大和撫子戦技研究班」こと帝国海軍少女戦闘機隊。 もう少女って齢でもねえだろうという周りの声を一連射。 一癖も二癖もある乙女たちが駆る零戦、紫電改がミッドウェーで、ソロモンの蒼空で敵を撃つ。
24hポイント 149pt
小説 4,277 位 / 57,620件 歴史・時代 38 位 / 741件
文字数 107,232 最終更新日 2019.05.06 登録日 2019.04.23
6