竜、龍小説一覧

タグ 竜、龍×
3
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
異世界へ飛ばされた主人公は、なぜこうなったのかも分からぬまま毎日を必死に生きていた。 同じく異世界へと飛ばされた同級生達が地球に帰る方法を模索している中で主人公は違う道を選択した。 この異世界で生きていくという道を。 なぜそのような選択を選んだのか、なぜ同級生達と一緒に歩まなかったのか。 そして何が彼を変えてしまったのか。 これは一人の人間が今を生きる意味を見出し、運命と戦いながら生きていく物語である。
24hポイント 28pt
小説 15,021 位 / 105,190件 ファンタジー 2,830 位 / 27,931件
文字数 379,870 最終更新日 2018.11.14 登録日 2018.03.19
一匹の竜の話をしよう。 唐突に自我に目覚めた彼は、生まれたことに納得して、 己の生を思うがままに満喫するために日々を過ごすように努めていく。 ただ、そんな彼のささやかな望みは、 彼が竜であるという事実があるだけで叶わない。 周囲がそれを許さない。 「勝手に絡んできて文句言われても困るんじゃが?」 これはそんな感じの緩いようなそうでもないようなお話です。 ※不定期更新 ※一話が極端に短かったり、変なところで切れている場合があります。 ※ほかのサイトにも載せています。 ※ふたつめの話は好みが非常に別れる話になる見込みです。
24hポイント 7pt
小説 24,001 位 / 105,190件 ファンタジー 4,736 位 / 27,931件
文字数 41,354 最終更新日 2020.12.09 登録日 2020.11.20
昔々、空から降りてきた虹色の竜によって豊かな水を約束された小さな国。この国が竜神の加護を受け続けるには、伝説に習ってカナリアとナイチンゲールという二人の姫が美しい歌を捧げる儀式が不可欠だった。この国の姫である私は、ある日突然カナリアとして儀式で歌う役目を言い渡される。ナイチンゲールを務めるのは、絶世の歌姫である同い年の異母妹。しかし私には、歌姫の血を引き継いでいるにもかかわらず音痴だという誰にもいえない秘密があった。――儀式までは残り三日。果たして竜神を満足させる歌を歌うことができるのか。タイトルを悩んでおり『歌を忘れた金糸雀に小夜鳴鳥は微笑む』でなろうさんに連載中です。
24hポイント 0pt
小説 105,190 位 / 105,190件 ファンタジー 27,931 位 / 27,931件
文字数 55,484 最終更新日 2018.12.29 登録日 2018.12.03
3