我輩は竜である。名前などつけてもらえるはずもない。

一匹の竜の話をしよう。

唐突に自我に目覚めた彼は、生まれたことに納得して、
己の生を思うがままに満喫するために日々を過ごすように努めていく。

ただ、そんな彼のささやかな望みは、
彼が竜であるという事実があるだけで叶わない。
周囲がそれを許さない。

「勝手に絡んできて文句言われても困るんじゃが?」

これはそんな感じの緩いようなそうでもないようなお話です。


※不定期更新
※一話が極端に短かったり、変なところで切れている場合があります。
※ほかのサイトにも載せています。
※ふたつめの話は好みが非常に別れる話になる見込みです。

24hポイント 0pt
小説 106,054 位 / 106,054件 ファンタジー 28,065 位 / 28,065件