幼稚園児小説一覧

タグ 幼稚園児×
7
1
恋愛 連載中 長編 R18
児童福祉施設で虐待を受けていた二人の女の子、小学3年生の美弥と幼稚園児年長さんの比奈を娘として引き取った主人公が、同意の上で調教を施します。回が進むにつれて調教する女児が増えます。 内容はロリ羞恥プレイや匂いフェチプレイ、様々な場面での大人の玩具を使った調教など、かなりマニアックな内容に偏っており変態度が高めです。登場女児の腋の匂いやおしっこの味などを細かく描写していくつもりなので、苦手な方は閲覧注意でお願いします。 オリジナルの大人の玩具が出て来ますが、全て架空の物です。
24hポイント 568pt
小説 2,228 位 / 101,593件 恋愛 1,143 位 / 27,916件
文字数 1,432,598 最終更新日 2021.03.12 登録日 2020.10.28
 なぜか、あの子が気になるんです──。  ミホせんせいは、ほのぼの幼稚園のせんせい。  子どもたちが大好きだ! 不器用だけど、いつも一生懸命。  そんなミホせんせいの幼稚園に入園してきた女の子・のんちゃんには、目には見えない不思議なスイッチがあった……!?  何かが起こりそうな予感。  のんちゃんに密かに想いを寄せる男の子・ケータも絡みつつ。  仕事に恋に……ミホせんせいは、今日も行く!  注)この物語は、子どもたちを取り巻く様々な問題に鋭く切り込んで……いません(笑)。  のんびり、ほのぼの。幼稚園ライフです。  ⭐︎モデルとなるせんせいは実在しますが、かなりデフォルメされてます(^^;;  私生活に至っては、完全に私の妄想です……!  せんせい、ごめんなさいm(_ _)m        
24hポイント 228pt
小説 4,791 位 / 101,593件 ライト文芸 214 位 / 4,687件
文字数 160,419 最終更新日 2021.05.12 登録日 2020.10.05
3
恋愛 完結 短編 R18
保育士になるため幼稚園で実習中の私、東坂優奈は指導係の先生恋をしてしまい。その思いに気づいた先生とだんだん不埒な関係になっていく。。そんなある日、実習している幼稚園の園児海くんに先生と致している所を見られてしまって…… ※ショタ注意 ※激裏描写有り
24hポイント 56pt
小説 10,540 位 / 101,593件 恋愛 4,675 位 / 27,916件
文字数 3,664 最終更新日 2021.01.04 登録日 2021.01.04
4
キャラ文芸 連載中 短編 R15
「幼稚園児ですが何か」
24hポイント 0pt
小説 101,593 位 / 101,593件 キャラ文芸 2,622 位 / 2,622件
文字数 8,929 最終更新日 2021.03.21 登録日 2020.08.09
幼稚園教諭と子どもたちの話 先生や子どもの名前は変えていますが、現役幼稚園教諭と子どもたちとのマジな日常会話である。
24hポイント 0pt
小説 101,593 位 / 101,593件 エッセイ・ノンフィクション 3,634 位 / 3,634件
文字数 1,152 最終更新日 2019.08.21 登録日 2019.08.21
恋愛なんてくだらない。 女にも、誰に対してもどこか冷めた態度で接していた俺。 そんな俺がバイト先の先輩の子供とひょんなことから仲良くするようになり…… 女ったらしのイケメン大学生と、無邪気で可愛い幼稚園男児とのおバカなトーク満載の、ホッコリ感動できる恋愛話です。 35分くらいで読めると思います。
24hポイント 0pt
小説 101,593 位 / 101,593件 恋愛 27,916 位 / 27,916件
文字数 18,750 最終更新日 2019.06.29 登録日 2019.06.29
 見上げた大学の掲示板に、俺の望んだ数字は載っていなかった。  受験失敗。転落。落ちこぼれ。  様々な負の感情が浮かんでは消え、俺の心を蝕んでいく。  どうしても行きたい学校だった。少し特殊な学科で、そこでしか学べないことがあった。  だからこの学校一本に絞りこみ、滑り込みも受けずに必死に勉強を重ね、受験日を迎えた。  十分に、十二分に勉強したつもりだった。いや、現に俺は頭が良かった。  学内では成績一番だったし、模試の判定だって良かったから、落ちる訳なんか無いと思ってた。…自分の力を、過信していた。  だから、こんな結果を招いたのかもしれない。  高校三年を終えた三月。少年の運勢は最悪だった。  大学受験には失敗し、アルバイトはクビになり、挙句の果てに、付き合っていた彼女には振られてしまったのだから。 「おつかれ、ですかー?」  そんな少年の目の前に現れたのは、可愛らしい幼稚園児。自らのことを「マコ」と呼ぶ、幼い女の子だった。 「げんきをだすにはね、まず、笑うといいんだって!」  えがおのまほう。それは、人を「笑顔」にする「魔法」のことではない。 「アキも一緒に! ほら、にこって!」  女の子の「笑顔」が起こした、ひとつの「魔法」のことである。  その日、少年は確かに、僅か五歳の女の子に救われたのだ。  それはまだ二人の知らない、明日へと、「未来」へと繋がる物語。
24hポイント 0pt
小説 101,593 位 / 101,593件 ライト文芸 4,687 位 / 4,687件
文字数 15,305 最終更新日 2017.11.13 登録日 2017.11.07
7