偏愛・執愛小説一覧

タグ 偏愛・執愛×
4
1
ファンタジー 連載中 長編 R18
「新しく妃を娶る、その妃は私の第一王妃として遇する、そう、そなたは第二妃となる」 はい? それってはっきり言えば王妃である私が、後から来た公爵家の娘に正妃の座を追われてしまうというのもらしい。 そしてそのとんでもない爆弾は、結婚半年にして夫である国王より告げられた一言。 彼女は佐倉 茉莉花現在23歳。 日本で看護師として従事していたとある真夜中の事。 巡回をしていた時、何の躊躇いもなく病室の扉を開けるとそこは全く見た事のない景色――――世界だった。 直ぐに茉莉花はなかったものとして慌てて扉を閉めようとするがもう遅い。 茉莉花のいた元の世界はいずこ??? 偶然?踏み込んだ場所は何やら神聖な空気を纏う荘厳華麗なギリシア彫刻風な神殿??? そして茉莉花の目の前には見た目老神官(本当は大神官らしい)と白金の髪に青みがかった紫色、アスターの瞳をした長身痩躯の超絶イケメン(この国の王様らしい)の2人が立っていた。 この二人は何故か茉莉花の事を聖女と呼ぶ。 彼らがのたまうには世界の綻びを繕う者――――聖女として茉莉花を召喚したのだと言うけれど、彼女は自慢ではないが、御裁縫が大の苦手であるのに、そんな自分に繕わせるとはこれはどんな嫌がらせなのか??? 否定をしつつ元の世界へ戻ろうと模索する中、召喚された世界に滞在する間にイケメン王様と愛を育み?いやいや仕向けられた体も否めない様だが兎にも角にも?状況が今一つわからないまま所謂契約結婚してしまった。 そうして茉莉花は王の第一の妃、唯一の正妃となった。 しかし突然夫より投げつけられた言葉に茉莉花はショックを受け、思わぬ悲しみに襲われ自分を見失うよりも新たに妃を迎える前にこちらより契約と言う縁を切らせて貰う!! 茉莉花はある夜こっそりと絶縁状を認め、夫を殴りたい気持ちを抑える代わりに彼の机にそれを叩きつけ王城出をした。 自由になった茉莉花を待ちうけるのは陰謀執着わんさかと渦巻く世界。 茉莉花の真実の幸せは何処に? 平平凡凡の干物化女子の異世界ラブファンタジー??です。 ざまぁ展開も多少予定をしています。 *毎日更新は介護生活を日々邁進している為出来ないかもです。  構想は当初と思いっきり変えています。
24hポイント 42pt
小説 12,870 位 / 99,784件 ファンタジー 2,573 位 / 26,859件
文字数 85,338 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.08.01
2
恋愛 連載中 長編
 天真爛漫な陽菜。夜の陰に咲く小夜子。二人は幼い頃から親友だった。  小学五年生の冬に起きた事件をきっかけに、小夜子の中に少しずつ狂気が芽生えていく。清らかで危うい陽菜を守るために、彼女は刃を握りしめる―― *百合小説となります。苦手な方はお控えください。
24hポイント 14pt
小説 21,146 位 / 99,784件 恋愛 8,637 位 / 27,812件
文字数 36,215 最終更新日 2020.07.02 登録日 2020.06.28
3
恋愛 完結 短編
病弱な美少女が生まれ変わったのは・・・・ゴリマッチョな泣く子も黙る風貌の騎士! ファンタジー世界の転生によるTSラブコメ?
24hポイント 7pt
小説 24,992 位 / 99,784件 恋愛 10,438 位 / 27,812件
文字数 6,342 最終更新日 2020.02.27 登録日 2020.02.26
4
青春 完結 短編 R15
【全4話短編】 過去の出来事から、女性になりたい男「宇崎右京」と、父親の性的暴行から男性嫌いになった女「内田羽海」。 二人の歪められた人生の物語。 自身が通う大学へ完璧な女装をしてきた右京。 けれども、学内で唯一それを見破った羽海は「黙っているから恋人になって欲しい」と告げ、二人は仮初めの恋人関係となった。 だがその後、彼らは互いに抱えた秘密を大学中に知られ、破滅の道へと転げ落ちてゆく―― 彼らが歪む原因となった過去の出来事とは? そして二人が行き着く先に、救いはあるのだろうか? 思春期から青年期へと変わってゆくココロとカラダに翻弄されつつも、未来を求めて彼らは歩き出す。 【登場人物】 宇崎右京(うざき うきょう)……12歳の時に見知らぬおじさんに連れて行かれ、性的暴行を受けるも隠している。 以降、しばらく性から遠ざかるが、次第に自分の内面には女性的なモノが有ることに気づき、女装に目覚める。 大学では一人暮らし&友人なしで陰キャのため、女装でこっそりと授業にでたりしてるのを唯一、羽海だけが見破った。 実は女性になりたいが、自分が女性になれない妬ましさから女性が嫌い。本人は気づいていない。 内田羽海(うちだ うみ)……12歳の時に父子家庭で育つも父親に性的暴行を受けたが黙っている。 以降は高校入らず延々と父親の相手をするが、父が会社の横領で捕まり施設~勉強しかしてないので大検~奨学金で大学へ。 父がいなくなってからは汚れた自分を上書きしたくて、複数人の男と寝るが実は男嫌いが歪んだカタチ。 右京にはその男性を感じなかったので注視してたら、ある日女装をしてきたので声をかけた。
24hポイント 0pt
小説 99,784 位 / 99,784件 青春 3,930 位 / 3,930件
文字数 8,065 最終更新日 2020.10.27 登録日 2020.10.27
4