ざまぁ(薄味)小説一覧

4
《本作のコミカライズ企画が進行中! 詳細はもうしばらくお待ちください!》  社畜リーマンの俺は、歩道橋から転げ落ちて意識を失い、気がつくとアインレット家の末っ子でロイスという少年に転生していた。アルヴァロ王国魔法兵団の幹部を務めてきた名門アインレット家――だが、それも過去の栄光。今は爵位剥奪寸前まで落ちぶれてしまっていた。そんなアインレット家だが、兄が炎属性の、姉が水属性の優れた魔法使いになれる資質を持っていることが発覚し、両親は大喜び。これで再興できると喜ぶのだが、末っ子の俺は無属性魔法という地味で見栄えのしない属性であると診断されてしまい、その結果、父は政略結婚を画策し、俺の人生を自身の野望のために利用しようと目論む。  このまま利用され続けてたまるか、と思う俺は父のあてがった婚約者と信頼関係を築き、さらにそれまで見向きもしなかった自分の持つ無属性魔法を極め、父を言いくるめて辺境の地を領主として任命してもらうことに。そして、大陸の片隅にある辺境領地で、俺は万能な無属性魔法の力を駆使し、気ままな領地運営に挑む。――意気投合した、可愛い婚約者と一緒に。
24h.ポイント 653pt
小説 1,844 位 / 185,286件 ファンタジー 329 位 / 42,559件
文字数 587,880 最終更新日 2024.05.13 登録日 2021.02.13
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
「ようやくおまえの婚約者が決まったぞ。なんと公爵家令嬢だ」  両親からいきなりそう告げられた辺境領地を治める貧乏貴族の嫡男・アズベル。 公爵家令嬢との婚約により王家とかかわりが持てて貧乏を脱却できると浮かれる両親であったが、ロミーナという相手の名前を聞いた瞬間、アズベルに前世の記憶がよみがえる。   この世界は彼が前世でハマっていたゲームの世界であり、婚約者のロミーナはのちに【氷結女帝】と呼ばれるボスキャラとなり、人々から嫌われる「やられ役」だったのだ。おまけに、主人公に倒された後は婚約者である自分も消滅してしまう運命であることも…… しかし、そんな女帝ロミーナも幼い頃は大人しくて優しいヒロイン級の美少女であると判明する。彼女は常人離れした魔力量を有しているものの、それをうまく制御することができず、力を恐れた貴族たちは次々と婚約話を断り、最後に回ってきたのが辺境領主であるアズベルのウィドマーク家だったのだ。  さまざまな闇堕ちフラグを抱えるロミーナを救わなくてはと決意したアズベルは、自身が持つ生産魔法と前世の知識をフル活用して領地繁栄に奔走し、公爵令嬢である彼女に相応しい男となって幸せにしようと努力を重ねる。  次第に彼の生産魔法によって生みだされたアイテムは評判となり、いつしかロミーナの悪評よりもアズベルが生みだす画期的な魔道具の数々が人々の注目を集めていくように。 「えっ? 俺が革命児?」  推しキャラで婚約者のロミーナと辺境領地で静かに暮らすつもりが、いつしか王家や原作主人公からも頼られる存在に!?
24h.ポイント 227pt
小説 5,180 位 / 185,286件 ファンタジー 889 位 / 42,559件
文字数 120,871 最終更新日 2024.04.29 登録日 2023.11.03
3
恋愛 完結 長編
癒しの魔力をほとんど持たないため「役立たずの穀潰し」の烙印を押されたアルジェリータは森の奥深くで竜のお世話係──なくてはならない尊い仕事、と言われているが過酷で人が寄りつかない職に従事していた。ある日の朝、アルジェリータは実家から婚約者が妹に鞍替えした事と、自分が老将軍の後妻として嫁ぐ事を事後報告で知らされる。選択肢もなく公爵家に送られたアルジェリータだったが、彼女を出迎えたのは若き公爵マーガスで、彼の祖父である老将軍はすでに鬼籍に入った後だと告げられる。行き場がなくなってしまったアルジェリータはマーガスに「仕事がないのでここで働かせてほしい」と頼み込むのだが、マーガスは「仕事が欲しいなら俺の妻になればよい」と一言。突然の求婚に戸惑うアルジェリータだが、なし崩しに彼の「提案」を受け入れる事となる。小説家になろうで完結済みの作品です。2/18HOTランキング女性向け1位ありがとうございました!
24h.ポイント 355pt
小説 3,308 位 / 185,286件 恋愛 1,590 位 / 56,265件
文字数 117,989 最終更新日 2024.03.06 登録日 2024.02.16
 シルヴァスト王国の郊外にある風の里。そこには、長きにわたり風竜の魂を守るために暮らす人々――風守衆がいた。そのひとりとして平穏に暮らしていた少年デューイであったが、ある日、風竜の力を手に入れるため、里へ侵攻してきた帝国軍と戦闘になり、親や師、多くの仲間を失ってしまう。辛くも生き残ったデューイは、聖窟と呼ばれる禁忌の地にあり、先人たちが守り続けてきた風竜の力を奪われないため、自らの命を差しだして永久に封印する――はずだった。  なぜか風竜の力が体に馴染んだデューイは、意図せず最強の風魔法使いとして覚醒することになる。この強大な力で帝国へ復讐を誓い、聖窟を出たデューイだったが、世界は大きくその姿を変えていて……
24h.ポイント 0pt
小説 185,286 位 / 185,286件 ファンタジー 42,559 位 / 42,559件
文字数 42,281 最終更新日 2022.02.24 登録日 2022.01.29
4