小説執筆小説一覧

3
新緑の季節🍃
24h.ポイント 142pt
小説 7,845 位 / 185,505件 エッセイ・ノンフィクション 166 位 / 7,839件
文字数 16,124 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.05.01
 余命僅かである彼女の願いは、「自分が綴った小説を世に出すこと」。だから俺はその手を握り、共に戦うと決めた。  藤城 直樹(ふじしろ なおき)高校一年生は、入学したばかりだが あえて友達を作らず、将来もどうでも良く、何事もない三年間を過ごすと決めていた。  しかし同じクラスの女子である吉永 未来(よしなが みらい)に、直樹が二年前まで須藤 翼(すどう つばさ)のペンネームで小説投稿サイトに自作を載せていたと気付かれてしまう。  バカにされると身構えるが、実は未来も小説を書いており須藤 翼のファンだった。その為、執筆の仕方を教えて欲しいと頼んでくる。  直樹は、自分が小説を書いていたことを秘密にするのを条件とし、培った技術を未来に教えることにする。  そんな彼女の夢は公募に受賞し、書籍化すること。  元々素質と直樹の指導により上達していくが、現実はそう上手くいかず落選ばかり。  初めはそれを受け入れていた未来だったが、時間が経つにつれ焦り始め、直樹に自分の夢を叶えて欲しいと託してきた。  しかし彼は中学生の時に起きた出来事をキッカケに筆を折り、二度と執筆はしないと決めており。そして未来に、自分が成し得なかった夢をいつの間にか託していた。  そんな互いの気持ちがぶつかり合ってしまい、直樹は未来の夢を否定してしまう。  そんな最中に夏休みに入ってしまったことにより、彼女と会うことがなくなった直樹は、取り消せない言葉を放ったと後悔。  新学期に謝ると決め登校するが、教室に未来の姿はなく、教師より留学の事実を聞かされる。  最後に謝りたいと連絡を取ろうとするが通じず、それきりとなってしまう。  しかし、そんな二人を引き合わせてくれたのも、また小説だった。  久しぶりに対面した未来は、活気がなく痩せ細っており、実は病を抱えていて病状が悪化した為に姿を消したと知る。  彼女が長く生きられない現実を認めた直樹は、人生最後の夢である「小説をこの世に出したい」願いを叶える為に、もう一度手を取り合う。  過去の裏切りから筆を折ってしまった直樹が、今を懸命に生きる未来との出会いをきっかけに、自分にとっての小説とは何かを考え。  優しかった母、自分に暴力を振るった父を思い出し。  何故、人を避けるようになってしまったのかに向き合い。  傷付いていた自分を認めて、将来に向き合っていく。 ※前半が冗長で、テーマのブレもあった為、改稿しています。不自然に文字数の少ないところもあり、すみません。
24h.ポイント 0pt
小説 185,505 位 / 185,505件 ライト文芸 7,620 位 / 7,620件
文字数 29,998 最終更新日 2024.05.17 登録日 2024.04.30
 9月は暑かった。  今月こそ、いよいよ秋は到来するのか。  願いはひとつ、BL小説大賞応募用の作品を書きつづけること。怠けて、挫けて、投げ出さないか不安。  とにかく、創作を楽しもう!
24h.ポイント 142pt
小説 7,845 位 / 185,505件 エッセイ・ノンフィクション 166 位 / 7,839件
文字数 9,632 最終更新日 2023.10.31 登録日 2023.10.01
3