ねこねこ大好き

ねこねこ大好き

ねこねこ大好きです。色々なジャンルを書きたいと思っていますが、主人公は最強です。これだけは譲れない。そんな小説を書いていきます。小説家になろうでも執筆しようと思います。
5
ファンタジー 連載中 長編 R15
新庄麗夜は身長160cmと小柄な高校生、クラスメイトから酷いいじめを受けている。 彼は修学旅行の時、突然クラスメイト全員と異世界へ召喚される。 転移した先で王に開口一番、魔軍と戦い人類を救ってくれとお願いされる。 召喚された勇者は強力なギフト(ユニークスキル)を持っているから大丈夫とのこと。 言葉通り、クラスメイトは、獲得経験値×10万や魔力無限、レベル100から、無限製造スキルなど チートが山盛りだった。 対して麗夜のユニークスキルはただ一つ、「モンスターと会話できる」 それ以外はステータス補正も無い最弱状態。 クラスメイトには笑われ、王からも役立たずと見なされ追放されてしまう。 酷いものだと思いながら日銭を稼ごうとモンスターを狩ろうとする。 「ことばわかる?」 言葉の分かるスキルにより、麗夜とモンスターは一瞬で意気投合する。 「モンスターのほうが優しいし、こうなったらモンスターと一緒に暮らそう! どうせ役立たずだし!」 そうして麗夜はモンスターたちと気ままな生活を送る。 それが成長チートや生産チート、魔力チートなどあらゆるチートも凌駕するチートかも分からずに。 これはモンスターと会話できる。そんなチートを得た少年の気ままな日常である。 【追記】  第一部完結しました。  現在第一部後日談を投稿中です。 ------------------------------ 第12回ファンタジー小説大賞に応募しております! よろしければ投票ボタンを押していただけると嬉しいです! →結果は8位! 最終選考まで進めました!  皆さま応援ありがとうございます!
24hポイント 1,022pt
小説 1,254 位 / 87,547件 ファンタジー 331 位 / 24,815件
文字数 549,134 最終更新日 2020.10.14 登録日 2019.08.04
病弱な美少年であるセリムは、日々、家事手伝いで生活していた。 そんなある日、両親が死んだという報告を受ける。 松葉杖を突いて歩くほど病弱だったが、妹を食べさせる必要がある。 そのため初めて仕事をしようと思うが、病弱が理由で職にありつけない。 途方に暮れたところで、両親が残した日記を思い出す。 そこに、セリムは千里眼という魔眼を持っていると記されていた。 それは世界の理すらも見通す悪魔の目だった。 「捜し物見つけた」 「早いわね」 「ダンジョンの地図書いた」 「早いな」 「モンスターの弱点教えてあげよう」 「なんで知ってんの」 「ここに水脈がある」 「なんで分かるんだ!」 「新魔法の開発ができたぞ」 「一時間も経ってないんだけど!」 セリムは千里眼を使いこなすことで皆の注目を集める。 だからこそ、世界はセリムに注目する。 悪魔だけでなく、人間にも、天使にも、怪物にも。 これは、病弱な美少年が皆に好かれながら成りあがるだけの物語である。 --------------------------------- 2020年9月8日 諸事情で休載させていただきます。 誠に勝手ながらご理解ください。
24hポイント 14pt
小説 17,126 位 / 87,547件 ファンタジー 3,700 位 / 24,815件
文字数 14,922 最終更新日 2020.09.04 登録日 2020.08.25
 モンスターと仲良くお話! 戦うなんてできません!  向井零(ムカイゼロ)は修学旅行中に事故にあい、気づくとクラスメイトとともに異世界へ飛ばされた。  勇者なので魔軍と戦ってほしいとのこと。  困惑するゼロは不安ながらもクラスメイトとともに迷宮へ潜り、戦いの特訓をする。  しかしモンスターと戦うのが嫌なゼロは足を引っ張るばかり。 「死ね!」  ついに追い出されてしまう。 「お腹が空いたの?」  追い出されてすぐにゼロは一匹のモンスターを助ける。 「言葉が分かる?」  ゼロはモンスターの言葉が分かる神の声の持ち主だった! 『小説家になろう様に転載します』
24hポイント 49pt
小説 9,579 位 / 87,547件 ファンタジー 2,136 位 / 24,815件
文字数 210,618 最終更新日 2018.09.30 登録日 2018.08.15
迷宮サバイバル! 生き残るためには進むしかない! 目的地は最深部、地下9999階! 見習い冒険者、レイはお宝目当てに冒険者ギルドの見習いとして、最深部10階の初級迷宮へ潜る。 始めは荷物持ち、それでもひーひー言いながら、地下3階までたどり着く。 そこで不注意から落とし穴に引っかかり、下層へ飛ばされる。 たどり着いたのは、あるはずのない階層、地下11階。上り階段なし。 絶望するが、同じく下層へ飛ばされた仲間がいた。 見習い魔術師、ローズ。 見習い僧侶、チュリップ。 見習い騎士、リリー。 脱出するために三人の仲間とともに地下9999階を目指して迷宮サバイバルを開始する。 「生き残るためには、進むしかない!」 (2018/08/04:完結)
24hポイント 0pt
小説 87,547 位 / 87,547件 ファンタジー 24,815 位 / 24,815件
文字数 312,315 最終更新日 2018.08.04 登録日 2018.05.16
世界最悪の犯罪者が犯罪者を狩る! 最低のピカレスク! 日本は2020年の東京オリンピックを切っ掛けに、第二の高度経済成長を迎えた。 しかし日本はバブル崩壊を経験していたため浮かれなかった。 結果、経済は永遠に成長するかのような喜劇的躍進を得た。 だが光が強くなれば影も濃くなる。 格差社会、受験戦争、就職戦争、AIの発達による失業率の増加。 一握りの人間は栄光を掴み、その足元には数えきれないほどの挫折者が屍を築く。 そして挫折者は栄光を奪い取るために罪を犯す。 2050年、日本は欧州にすら強い影響力を持つ世界有数の大国となった。 経済による大日本帝国の設立と恐れられるが、それと同時に世界有数の凶悪犯罪者を生み出した。 その中でも歴史上最悪と呼ばれる死刑囚が居た。 本名は不明、戸籍登録なし。まるで歴史の闇の中から蛆虫のように湧き出した存在。 あだ名は狂太郎。少なくとも300人以上の命を奪い、2000人以上の女を犯した大犯罪者。 罪状は連続殺人、連続強盗殺人、強姦、などなど。 その悪魔がついに刑に屈する時が来た。 観客の罵詈雑言が渦巻く公開処刑の中でも狂太郎は笑い続けた。 そして言った。 「俺は神を殺す! お前らが死んだとき、天国にいるのは神じゃない! 神の死体だ! 楽しみにしてろ!」 皆の憎悪の中、刑は執行された。狂太郎は死んだ。 死に顔は笑っていた。 不敵に死んだ狂太郎は死後の世界で三つの分かれ道に立つ。 そこには神の代理人を自称する男がいた。彼は神を敬えば天国に行けると言ったが、狂太郎は神を殺すと挑発する。 神の代理人は激怒し、罪の墓場と呼ばれる異世界に狂太郎を転送する。 そこは、暴力が支配する悪夢のような場所であった。 だが狂太郎は笑う。 「好きなだけ殺せて、好きなだけ犯せる。まるで天国だ!」
24hポイント 21pt
小説 14,585 位 / 87,547件 ファンタジー 3,110 位 / 24,815件
文字数 150,245 最終更新日 2018.05.07 登録日 2018.03.20
5