紫鶴

紫鶴

よろしくお願いします!! ムーンライトノベルズでも他の話を連載中なので突然更新が止まることがあります。 また、なんの予告もなく消すかも知れません(笑)
7
BL 連載中 長編
早く退職させられたい!! 俺は労働が嫌いだ。玉の輿で稼ぎの良い婚約者をゲットできたのに、家族に俺には勿体なさ過ぎる!というので騎士団に入団させられて働いている。くそう、ヴィがいるから楽できると思ったのになんでだよ!!でも家族の圧力が怖いから自主退職できない! はっ!そうだ!退職させた方が良いと思わせればいいんだ!! なので俺は無能で最悪最低な悪徳貴族(騎士)を演じることにした。 「ベルちゃん、大好き」 「まっ!準備してないから!!ちょっとヴィ!服脱がせないでよ!!」 でろでろに主人公を溺愛している婚約者と早く退職させられたい主人公のらぶあまな話。 ーーー ムーンライトノベルズでも連載中。
24hポイント 298pt
小説 3,433 位 / 77,020件 BL 521 位 / 7,003件
文字数 98,668 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.03.28
BL 連載中 短編 R18
俺の前世はこの国の皇帝だった。 三人の美人で優しくて賢くて強ーい妃(男)がいたが、歴史上では愛されていないと記述されている。それを裏付ける証拠として子供は生まれなかったが、違うのだ。 俺は彼らを愛していた。 でもね?生まれてから皇帝になるべき教育されてはいたけれど性教育はされずに妃が三人いきなりできてしまい、それは童貞処女の俺には荷が重すぎた!!あとコミュ障で思い込み激しかったから、彼らに愛されていると勘違いしていた!!俺がいろいろ(主にコミュニケーション)放棄していたのに!! 痛い!痛すぎる!!黒歴史だよ本当に!! そしてそんな俺を哀れんだのか、神様は次の機会を与えてくれた。 その上、素直になれない俺に神様は祝福として素直に思い(愛情)を本人の意思と関係なく口にするという恋愛初心者には超絶ハードすぎるものを与えられた。 その祝福を得て、次こそはと思ってた。 これがいかに厄介なものか俺は分かっていなかった。 「貴方が好きです!結婚してください!」 「愛しています!結婚を前提にお付き合いしてください!!」 「好きです!貴方は私の運命の人です!結婚してください!」 俺は彼らに出会った瞬間、そう求婚してしまった。 返事?勿論――― 「は?何言ってんの?気落ち悪」 「ごめんね~。俺そういうのパス」 「お断りします。他をあたってください」 拒否一択!! 心が痛い!!黒歴史が更新されたんですが!!?? この祝福どうにか消してくれませんかねぇ、神様!?
24hポイント 35pt
小説 11,200 位 / 77,020件 BL 1,781 位 / 7,003件
文字数 37,937 最終更新日 2020.04.27 登録日 2020.02.23
BL 完結 長編 R18
俺はその日、全てを思い出した。 「御館様ぁ!大変です大変です!御館様の未来のお嫁さんが現れましたぁ!!!」 「……はあ?」 そう、ここが前世でやり込んだ18禁BLゲーム「花嫁探し」の世界だということを!!なんで思い出したかって?その主人公が現れたからさ!!これはぜひとも御館様ルートに入ってきゃっきゃうふふの人生を間近で見たい!!生で見たい!スチル見たい!! 御館様!任せてください!俺絶対貴方と主人公君くっ付けますから!! ーーーー 妖和風ファンタジー。設定はふわっとしてますのであしからず。 第7回BL大賞参加中です! よろしくお願いします!
24hポイント 127pt
小説 5,850 位 / 77,020件 BL 888 位 / 7,003件
文字数 133,007 最終更新日 2020.01.01 登録日 2019.10.13
BL 完結 長編 R18
「ここどこおおおおおおっ!?」 死んだと思ったら子供になっていた。前世の功績のおかげで。 アシュレイ・クラーク・カナティアは勇者である。真に魔王を倒した最後の勇者である。 勇者は20歳までに死ぬ呪いがかかっている。 そう、彼の前世である勇者アシュレイは享年18歳で死んだ。 現在、魔物のいる森の中で捨てられた孤児である。 積んでる、これ。 マイペース元勇者の第二の人生が図らずとも幕を開けてしまったのである。 ーーーー 死ぬまでに時間がかかります。
24hポイント 92pt
小説 6,984 位 / 77,020件 BL 1,080 位 / 7,003件
文字数 112,977 最終更新日 2019.07.30 登録日 2019.01.07
BL 完結 長編 R18
俺にはストーカーがいる。しかもかなり年季の入っているストーカーだ。 その上、俺がストーカーをストーカーだと気づかずに過ごす時間が長すぎて気づいたらストーカーに監禁されていることが多い。 何故なら監禁されてからそれらの記憶を思い出すからだ。しかし今回は違う!これで監禁回避だ、俺!! と意気込んで今世、現在俺は孤児院で過ごす孤児だ。 だが、今世の俺には余計な設定が付いている上に、前世の数々の記憶が欠落しているようで……。 俺は、今世旅に出るって決めてるから!! 本当は王族とか、悪の国王陛下とかそういう設定要らないから!! 来世でよろしくしてくれぇ!!!
24hポイント 149pt
小説 5,387 位 / 77,020件 BL 810 位 / 7,003件
文字数 186,202 最終更新日 2019.07.29 登録日 2018.07.31
BL 連載中 短編
昔々、それはそれはたいそう我儘な王子がいました――――。 その王子には色んなものが手を焼き必要最低限の付き合いをしていきました。 しかし唯一彼と同い年の少年、王子付きの侍従は違いました。 彼だけは王子がどんなことをしようと何を言おうと離れることなくただ傍にいました。 これは、そんな王子と少年のお話。 ーーーー 主人公義足設定。
24hポイント 0pt
小説 77,020 位 / 77,020件 BL 7,003 位 / 7,003件
文字数 8,561 最終更新日 2019.01.22 登録日 2018.12.16
BL 完結 長編 R18
悪として殺されたはずの神は、気がつくと数百年後の死体にのりうつっていた。 とりあえず、生きているのであれば救いを求める者たちの願いを叶えなければならない。それがその神の役割であると自負している。であれば、願いを聞きそのれに伴った行動をするのは当たり前で――― 「僕は神様です」 「……」 「信じてもらえないかぁ。どうしよ?」 ―――あるが、どうにもうまくいかない。 ※基本、神様チートです。神様は自分の神使たちとイチャコラするだけです。総受け。
24hポイント 0pt
小説 19,020 位 / 19,020件 BL 908 位 / 908件
登録日 2019.05.17
7