gagaga

gagaga

サクサク読めるライトな小説を書きたいと思いつつ、今日も設定モリモリしてしまい自己嫌悪する日々を送っております。
6
 剣と魔法の世界 ブリトス  不運により命を落としその世界へ転生する事となった少年は、神様にこう願った。 「異世界と言えば魔法! なら俺を魔法の天才にしてください!」  願いはかなった。  しかし、それは少年の思い描く英雄譚の為の才能ではなかった。  剣と魔法の世界 ブリトス  魔法はあるが  魔法使いは不遇だった。 「なんでだー!!」  そして少年は、グレた。
24hポイント 0pt
小説 58,672 位 / 58,672件 ファンタジー 19,021 位 / 19,021件
文字数 298,244 最終更新日 2018.09.06 登録日 2018.04.22
カルディアン伯爵家次期当主 ボナンティス=フォン=カルディアン、15歳。 その少年には愛らしい笑顔が眩しい同い年の幼馴染の婚約者がいた。 彼女の名はデイジー=フォン=コルネリウス、コルネリウス子爵の次女である。 二人はいつも仲睦まじく、故郷の街でも学園でもお似合いのカップルだと評判だった。 しかしそれはある日、彼女の覚醒によって一変した! 斎藤花、享年18歳。 デイジーの前世、日本の女学生の意識が覚醒したのである。 それから彼女はボナンティスにこう語る。 「ここはゲームの世界なの!」 そう言うや彼女は予言を行ない的中させた。 そしてその言葉が決して無視できないものだとボナンティスが悟ると 「私、王子様派なの! だから別れて! ごめんね!」 ボナンティスの苦悩の日々が、始まった。
24hポイント 0pt
小説 58,672 位 / 58,672件 ファンタジー 19,021 位 / 19,021件
文字数 11,055 最終更新日 2018.09.05 登録日 2018.08.31
 出会いの加護  それは神様が人に与えし加護。  出会いの加護  それは良縁を結びやすくなる加護。  出会いの加護  それは国さえ所有者を優遇する、大いなる加護。  ただし  その頭に  「変な」  と付かなければの話である。  この物語はその『変な出会いの加護』を持つ一人の男の物語である。
24hポイント 0pt
小説 58,672 位 / 58,672件 ファンタジー 19,021 位 / 19,021件
文字数 1,755 最終更新日 2018.08.31 登録日 2018.08.31
突如めまいに襲われたその男は、気が付けば一枚の紙を握りしめ、草原に倒れていた。 その男は周囲を見渡し、今までアパートにいたはずなのにと首をかしげる。そしてわけも分からないこの状況の打開、そのヒントを求めて手に握った紙を広げてみた。 古く、茶ぼけたボロボロの紙はもろく、今にも崩れ落ちそうで、当然、中に書いている文字もわずかにしか読み取れなかった。 苦心しながらも、どこか見覚えのあるその紙面から男が読み取った情報は 「これは・・・、テーブルトークRPGの自キャラのステータス表か」 学生時代、男が熱心に取り組んでいた活動対面の会話式ロールプレイングゲーム、TRPGで愛用していた自分のキャラクターの名前がそこには掲載されていた。 「アーノルド。これまた懐かしい名前だ。職業は、第一が聖騎士で・・・、後は全く読めないな」 そうやって自分の状況を把握しようとしてた彼の脳内に、何かが転がる音が響いた。 それが二度起こり、静まった所で彼は立ち上がる。 「よく分からん。だが、前に進むべきだろう。前は、きっとこっちだ」 まるで何者かに背中を後押しされたように、その男、アーノルドは目印のない草原を歩き出す。 さて、彼の行く末はいかに。
24hポイント 7pt
小説 15,730 位 / 58,672件 ファンタジー 4,293 位 / 19,021件
文字数 361,912 最終更新日 2018.05.04 登録日 2017.12.03
神の気まぐれにより異世界へと転移した主人公田辺竜太(大学生)が生活魔法を駆使して冒険したり町の人と触れ合ったりする物語です。 なお、神が気まぐれすぎて一番最初に降り立つ地は、無人島です。 一人称視点、独り言多め、能天気となっております。 なお、作者が気ままに書くので誤字脱字は多いかもしれませんが、大目に見て頂けるとありがたいです。 ただ、敢えてそうしている部分もあり、ややこしくてすいません。(^^;A ご指摘あればどんどん仰ってください。 ※2017/8/29 連載再開しました!
24hポイント 56pt
小説 6,763 位 / 58,672件 ファンタジー 1,833 位 / 19,021件
文字数 416,704 最終更新日 2017.11.30 登録日 2017.04.05
ロディマス少年は、放置していたら死ぬ【魔王の卵】の加護持ちである。 しかし身体の持ち主だったはずの少年の人格は消滅し、何故か前世のオッサンと未来の記憶が融合した新たな人格を獲得する。 そんな訳の分からない状況で、生存ルートを確保する為に、今、ロディマス少年が走り出す。 商売、戦闘、恋愛と、大忙しのロディマス少年の明日はどっちだ!? ※筆者処女作です。なお、連載中でございます。
24hポイント 0pt
小説 19,513 位 / 19,513件 ファンタジー 7,566 位 / 7,566件
登録日 2017.04.19
6